スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スキップ』 著/北村薫  感想

2009.11.25 *Wed
スキップ (新潮文庫)スキップ (新潮文庫)
(1999/06)
北村 薫

商品詳細を見る



 そう口にした瞬間、自分が失ったものは二度とこの手に戻らないと悟った。





 以前から面白いという評判は聞いていたのですが、先日図書館で発見したので読んでみました。
 評判がいいだけあって、かなり面白かったです。ところどころ無理があるようにも思えるところはありますが、真理子が自分の境遇を受け入れていく様子は、丁寧に描かれていたと思います。

 読み終わったのが一週間ほど前なのですが、それから何度か読み返すと、全体の構成がきれいにハマっていてびっくりしました。ゆとりがありそうで無駄がない、そんな文章です。






 では、ここから下はネタバレありで。







 しかし、これ自分が高校の時読んでたら、かなりショック受けるか、受け入れられなかったかのどっちかだっただろうなぁ、と思います。
 この小説で描かれているのは、失ったものを取り戻す物語ではなくて、失ったものを受け入れて前に進む物語。今の自分もそうですが、これからある未来が一瞬にして消え去って、結果だけ提示されたら、はたして受け入れることができるだろうか。

 青春時代、って簡単に言われますけど、それってやっぱり大きいものなんだなぁ、と実感しました。大きな責任もなく、ただ目の前のことだけを気にしていればいい時代。子供から言わせれば、自分たちも大変だ、って言うでしょうけど、やっぱり大人と子供では、感じ方が違います。
 一つ一つの経験が『初めて』で、それを重ねて大人になる。けれど、その『初めて』を知らずに、いきなり責任のある、すでに道を途中まで行き切ってしまった状態にいきなり押し上げられてしまったら、自分ができなかったことがあまりにも多すぎて絶望してしまうんじゃないでしょうか。

 その喪失感は、本書の序盤で嫌というほど描写されています。失った若さ、就職、恋愛、結婚、そして出産。そういった、自分にとって大切なはずのことを経験していないのに、眼の前にはそれが行われたという結果がある。受け入れる受け入れない以前に、信じられないと縮こまってしまうのが正しいありかたじゃないかとすら思います。

 そこから立ち上がって、とりあえず前に進もうとするのは、若さゆえなのかそれとも性格の所為なのかはわかりませんが、それから真理子のたった独りの戦いが始まるわけですが。これが、ところどころうまくいきすぎているところもありますが、真理子が懸命に事態を受け入れようとしている姿が丁寧に描かれていて、読むのを飽きさせません。大きな事件を起こすわけでもなく、ただ見知らぬ教師と言う職業に少しずつ慣れていく真理子を通して、真理子の気持ちに感情移入させていく。

 真理子がひたすら前向きな性格に描かれているのは、今の自分を受け入れる『覚悟』を得る瞬間を際立たせるのにうまく作用していると思います。最初は現状を打破するために自分の中に飛び込んで行って、そこから少しずつ慣れていくことで、その『未来の世界』にとっての自分を知っていく。そして、自分の現状を認めざるを得なくなっていく。
 その間に、失った時に悲しむことはあっても、惜しむことはなかったのは、多分まだ真理子自身が、『四十二歳の自分』を認め切れていなかったからだと思います。別に夢か何かと思っていたわけではないでしょうが、やはりいきなり未来に飛んだと言っても、実感できるものじゃないです。頭ではわかっていても、本質的なところで認めてはいなかった。両親の死も、自分の現在の生活も、全部他人事のような意識だったのだと思います。
 それが、教師として生活して、少しずつ『四十二歳の自分』を知っていくことで、意識しないうちに自分自身で認めていく。
 そして、最後に池ちゃんと再会した時に、自分の失ったものの大きさを実感したところは、読者にさえ大きな穴を作るほどの衝撃だと思いました。それ自体は、初めからわかりきっていたことですが、それを『真理子自身』が認めることが、大きな衝撃となりました。
 

 この物語の大切なところが、救いがなく、最後は真理子が自分の意思で生きようと決心しているところだと思います。
 これがありきたりなタイムスリップ物語だったら、このあと真理子が過去に戻って人生をやり直すという終わりが正しいのでしょうけれど、本書で語られたのは、『失った時は戻せない』ということと、『自分は自分でしかない』ということ。たとえどんな方法を用いたところで、四十二歳の真理子が十七歳の真理子に戻ることはできない。とはいえ、四十二歳の真理子は、どうあがいても、十七歳の真理子が成長した姿でしかない。その未来に不満があったり思うところがあるとしても、それを受け入れて前に進むしかない。
 これは、真理子に限った事じゃなくて、誰にでも言えることだと思います。今の自分が嫌い、現状が受け入れられない。そういう人は、たとえ過去に戻ってやり直したとしても、今と同じ結果を得てしまう。結局、自分をどう受け入れていくのかが、人生で大切なことなんだ、ということを伝えたいのだと思いました。




 そんなわけで、これは面白かったです。できるなら、自分も四十近くなったらもう一度読み返したいところ。
 あと、『時と人』シリーズとして二つあるそうなので、そちらも近いうちに手に取りたいと思います。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 北村薫

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。