スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボトルネック』 著/米澤穂信  感想

2009.10.16 *Fri
ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
(2009/09/29)
米澤 穂信

商品詳細を見る



 ぼくはそれを見て、うっすらと笑った。



 さて。
 この小説、僕は読み終わったあとに、すげー腹が立ちました。
 こんな小説認めてたまるか、とすら思いました。
 けれど、心のどこかで、こいつは傑作だ、と思っている自分もいるんですよね。

 そんな小説。

 物語のSF展開だったりに期待している人は、読んでも期待外れだけですから読まない方がいいです。あと、ミステリ要素も面白くはありましたが、違和感覚えるだけで文句言う人は読まない方がいいです。ハッキリ言って、そういうところを気にする小説ではないと思います。




 以下、ネタばれありです。








 ぶっちゃけ、身も蓋もないいい方をしちゃえば、自分がいらん子だということを理解させられる物語ですね。

 正直、ライトSF風味を想像して読んでいた身としては、オチのダメージが大きすぎです。まあ、狙ってやっていると思いますし、ほとんどの人は同じようになったと思いますが。
 ほんとねー。リョウからすれば、自分がなしえなかったことを次々となしえている存在がいるのを見せつけられたら、絶望するなって方がおかしいでしょう。並行世界でのサキという存在は、ある意味でリョウの別バージョンみたいなもの。たとえば、AとBという選択肢を与えられてて、リョウが選んだ方はことごとく外れで、サキが選ぶ方は必ず正しいという、そういう実証を見せつけられたら、『自分』という存在に疑問を覚えない方がおかしいです。
 自分は必要ないんじゃないか、っていう疑問は、少なからず考えた経験があると思いますが、それを確証たるものまで見せつけられたら、はたして答えを出さずにいられるだろうか?

 主題としては、嵯峨野リョウという人間には、どんな存在理由があったか、ということなんですが。

 この話の中で、結局答えが出なかったんですよね。
 リドルストーリーといえば、先日出た『追従五断章』でも扱っていましたが、この『ボトルネック』ではその形式がとてもうまくマッチしているんですよね。この、もやもやとした感覚を残したまま終わるからこそ、読者はどうしてもすわり心地が悪く、本書のことを意識する。
 まあ、そういう終わりが嫌いな人には、本書は絶対にあわないと思いますけれど。僕は嫌いってまでじゃないけれど、正直あまりに後味が悪すぎてどうしても手放しに絶賛できない。すげーうまいんだけどね、ほんと。

 うーん、しかしこれは本当に初めての感覚です。普通ここまで嫌悪感覚えたら、二度と触れたくないって思うんだけどなぁ。



 さてさて。結局オチですが、これの解釈って、あんましっかりと言い切れないんだよな……。
 とりあえず、リョウが完全に一人になってしまった、というのだけは確かなんですよね。そこで彼は何を見たのか。ほほ笑んだことから、希望を見つけたのか、はたまたすべてに失望して途方に暮れた挙句の自嘲の笑いだったのか。
 個人的には、自嘲の笑いを浮かべてどん底まで落ち切ったところで、リョウは自分の存在を確かめられたんじゃないかなぁ、とも思うのですが。それまでずっと受動的で、内向的で、積極的に外に働き掛けなかったリョウは、これまで外からの影響だけで生活していたわけで、それを失ったことで自分の姿を発見したんじゃないかと思う。そこから這い上がれるかどうかは分からないけれど。

 あと、もう一つ。最後にサキから電話がかかってきますが、あそこで彼女は自分のことをツユというんですよね。リョウの世界では死んだはずのツユと。ここでは、サキの世界とリョウの世界は違う、ってことをわからせたかったんじゃないかなぁ、と思います。だから、サキの世界にあるようなものをないものねだりしていないで、自分の世界をしっかりとやれ、と。


 うーん、自分じゃこのくらいが限界だ。結局、ノゾミが願ったことに対してリョウがどう答えを出すかは想像できないし。

 とりあえず、多分単行本の方で米澤さんが『ボトルネックを外すだけじゃダメ』みたいな発言をしていたみたいですが、それを考えたら最後にリョウの存在に意味はあったのかどうかはわかると思う。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 米澤穂信

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。