スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッカーノ! 1934 完結編』 著/成田良悟  感想

2009.09.25 *Fri
バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains (電撃文庫)バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains (電撃文庫)
(2007/04)
成田 良悟

商品詳細を見る



 「おい……ガキ」



 フィーロ怖いよぉ(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 はい、というわけで、バッカーノ1934年完結編。長かった物語も、ここで終わりです。
 しかし、面白かったなぁ。シリーズの中でも、ドタバタの構成がそれほど入り組んでなかったからか、わかりやすかったですし。なにより、フィーロの出番が多いのがいいです。なんだかんだで、フィーロは主人公的なポジションにいますしね。




 さてさて、それではネタばれも含めて。





 フィーロさんブチ切れシーンばかりが印象に残って、他がどうでもよくなったのはさすがにダメか……。
 しかし、それまでただ流されるだけだったフィーロが、とうとうヤクザ屋さんらしい凄みを見せたんですから、そりゃあ興奮しない方がおかしいでしょ。しかも、基本フェミニストのフフィーロがですよ。それだけ、リーザの言葉にブチ切れたかがよくわかるエピソードでした。
 ほんと、あのときの豹変は凄かったですね。完全に不利な状況にいながら、その存在感と覚悟だけで相手を圧倒するという。思わずゾクっとしちゃいました。
 それでいて、ラッドに殺されそうになるリーザを助けたところも、やっぱりフィーロらしいなぁ、と思ってよかったです。それはそれ、これはこれ、という感じで割りきって、自分の中でしっかりと線をもっているところが、フィーロのすごいところだと思う。

 っていうか、まさか最後にリーザがあんな風にデレるとは思いませんでした。うわ、なんだこの基本に忠実なツンデレは。しかも何気にフィーロフラグ立てちゃってるし。お前、エニスがいるのにどうするつもりだ!


 最後の章で、マルティージョファミリーのみんなに迎えられるシーンはよかったです。




 さてさて。他の場面は。

 老夫婦困るの章は、老夫婦にしてみればいい迷惑だとは思いますが、しかしああいうカオスな状況っておもしれぇなぁ。ってか、テンションあげあげのグラハムさん最高。そして、落ち着いて怒られるグラハムさん最高。ほんと、話を聞かせるのは大変だけど、話を聞いたら物わかりはいいから憎めないですよねこの男は。

 しかし、ああいう風に店にみんなが集められたのが、ああいう風に伏線としてつながるとは思いませんでした。リカルドも、娑婆編で感じていた違和感がしっかりと払しょくされたので、すっきりです。ふむ、しかし、そういう不確定要素で混沌とした物語を、成田さんはよく操作できるよなぁ。

 あと、かなりメインはっていたレイルは、やっぱりちょっとうざい……。なんかこれって、チェスと通じるところがあるキャラですよね。まあ、それにはちゃんとした理由があるから、わからないでもないけど。……でも、最後の最後でまさか女の子だったとわかるとは。リカルドの時以上のびっくりですよ。

 そういえば、今回もジャグジーたちは振り回されるだけでしたね……。もう、彼らが逆に大暴れする展開は望めないのだろうか。まあ、こうして狂言回しっぽい立場にいるのも、彼らだからこそ面白いってのはあるんですが。


 あとは、ルネとヒューイの対面はなかなか面白かったです。アイザックの登場をそういう風につなげるか、と単純にびっくりしました。もう、ほんと群像劇書かせたら成田さんはすごいな。そして、自分が目玉とられたからとその腹いせに相手の目玉をとるヒューイ鬼畜ww。あそこでの会話は、いろいろ今後につながる伏線がありそうなので、ますます今後が楽しみです。




 そんなわけで、全部の場面を語るわけにもいかないので、要所要所だけで。

 しかし、混乱することが少なかったからか、三十年代編で、一番面白かったなぁ。ただ、後書きで語られているように、ちょっと削ったんだろうなぁ、ってところは多かったですが。そういうところも、今後の糧にしてもらいたいですね。

 では、この辺で。

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 成田良悟

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。