スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッカーノ! 1934 獄中編』 著/成田良悟  感想

2009.09.17 *Thu
バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails (電撃文庫)バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails (電撃文庫)
(2006/10)
成田 良悟

商品詳細を見る





 「アルカトラズ刑務所って、知ってるか?」




 こんにちわ、こんばんわ。そういうわけで、久しぶりの更新です。

 さて、今回はバッカーノの1934年獄中編をお送りします。といっても、実を言うと完結編まで読んじゃっているんですけどね。まあ、なんか感想を書くのに分割した方が書きやすいだろう、と思ってそれぞれの巻で感想を書きます。

 というわけで、1934年編の前編一つめ、獄中編です。とりあえず見どころとしては、フィーロとラッドの出会いでしょうか。そういえばこの二人ってまだ面識なかったよなー、とか思って、新鮮でした。こういう、別の事件のキャラがつながっていくのは、かなり好きです。



 では、下からネタバレ含めて。





 とりあえず、これは全部通して言えるけど、完全に割りを食っているのは明らかにフィーロ一人……。

 もう、かわいそうになるくらい踏んだり蹴ったりですね。まあ、それも最後にブチ切れたような感じでしたが。いやあ、ヒューイを出し抜いて目をくりぬいたところは震えたわ。それに、獄中編だけじゃ、本気でフィーロがフェリックス・ウォーケンの一人のように思っちゃうところがいい。フェリックス・ウォーケンの特色をうまく利用しているよなぁ。


 それはそうと、この巻で一番株が上がったのがラッド。正直、特急編でクレアにフルぼっこにされた様子が印象的すぎて、なんだか弱い感じに思っていたけれど、こいつ恐ろしすぎるだろ。まあ、そもそもが狂っているという描写は結構ありましたが、その最たるシーンがリーザを引きずってヒューイの下に現れるシーン。あそこは、イラストの効果もあってすごかった。靴音が次第に近づいてくる描写もうまかったしね。いやあ、ラッド怖すぎでしょ。
 っていうか、クレアとシャーネに食われちゃっているけど、考えてみたらこいつ強いんだよなー。そういえば、グスターヴォってあのルノラータの人だったっけ。そいつも軽くぶっとばしてるしなー。っていうか、義手つけてからさらに凄味が増しちゃって……。



 他の話はと言うと、新キャラがなんだかんだでいいキャラ多いなぁ。ヴィクターとかかなり好き。こういう、上司に突っ込みを入れる部下の図式は、あり得ないだけにかなり来るんですよね。娑婆編でのルネとか、グラハムについてもそうですけど。

 そういえば、グラハム・スペクターはこの巻が名前の登場最初ですが、正体がわからないように書いていたわけねー。僕はアニメの方で臨時急行編の内容知っているので、「うわ、グラハムさん暴れてるなww」と面白がりながら読んでいたんですが。これ、知らないで読んでいたらどういう気持ちになっただろうか、ちょっと気になります。



 ま、そんなわけで、次の感想は娑婆編に続きます。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 成田良悟

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。