スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッカーノ 1933 上・下』 著/成田良悟  感想

2009.09.03 *Thu
バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)
(2004/09)
成田 良悟

商品詳細を見る


バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)
(2004/11)
成田 良悟

商品詳細を見る




 「だって私、刀を二本持っているんだよ? 二倍が二本で、貴女の四倍だよ! アミーゴ!」




 いや、そういうことは思っても絶対に言わねぇよ!

 というわけで、突っ込みどころ満載なセリフを引用したところで、バッカーノの五作目の感想と行きます。
 いやあ、盛り上がってきたー。今まで名前は出てきたけどいまいち活躍していなかったキャラたちが、どんどん暴れまわってくれます。新キャラがちょっと把握するのが大変ですが、その辺は慣れです慣れ。全員が刃物使いというのもまたいいですねー。いやあ、ロマンですよ。




 まあ、というわけで、下からはネタバレ含みます。






 作者的には、今回の巻はマリアとチックが主役だったみたいですが、ぶっちゃけいつもどおりの馬鹿騒ぎで、誰が主役だかわからない話でしたなー。個人的にチックとティムの関係がクライマックスを盛り上げてくれたので、そっちの方が印象強いんですが。
 あと、元クレアこと、元ヴィーノこと、元フェリック・ウォーケンとシャーネの恋愛模様がよすぎる。こいつらいつの間に仲良くなったんだ? と思ったら、『臨時急行編』で語られてるのかな? とりあえずアニメの番外編でそれっぽい話はあったのでわかったけれど。いやあ、しかし。シャーネのやつ、ベタボレじゃないか。
 クレアとフィーロの再開シーンは、殺伐とした状況のくせに一気に和んでなんだか良かったです。ああいう混沌とした状態で、場の空気をちゃんと誘導できるってすごいなぁ。


 そういえば、ここで悪魔の伏線の回収がやっときましたね。前回の巻でエルマーが「マイザーのそばにいてやってくれ」と言っていたのをすっかり忘れていたので、ロニーが一体何なのか最後までわかりませんでした。そっか、悪魔か。そりゃあ、いろいろ奇跡じみたこともできるわなぁ。
 しかし、真面目にカモッラの幹部やっているとは思いませんでした。自分が興味あったから、というのもあるかもしれないけど、思ったより真面目なんだなぁ。マイザーからも結構信頼されているみたいだし。この存在が、今後どう生きてくるか楽しみです。


 それはそうと、フィーロはセラード食っちゃったけど大丈夫なの? という疑問がとうとう明かされましたね。ふむ、まあそりゃシリーズが続けば一度は出さないと問題が出てくるよな。そもそもセラードはフィーロからしたらかなり価値観が違う相手だし。
 その自己矛盾に苦しむフィーロがとった手段が、なんていうかちょっとかわいそうでした。その果てに得た答えも、そういうものだからなぁ。一巻の現代編では、その辺はちゃんと乗り越えているみたいなのでいいですが。
 あと、エニスとの関係も、ちょっとかわいそう……。まあ、一巻の時点で、思いを受け入れられるまで五十年かかったと言っちゃっていますし、しかたないっちゃしかたないですけど、なんかホント報われねぇなぁ。がんばれフィーロ、負けるなフィーロ。


 他には、吸血鬼だったりヒューイさんの暗躍だったりといろいろありましたが、その辺は時間以降に持ち越しか。正直、最後のヒューイさんにはいろいろ思うところがあるけれど、とりあえず、いちばん研究者然としている奴だよな、この人。シャーネの妹とか、ちょっと残酷だぜ……。



 ま、そんなところです。
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 成田良悟

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/05(土) 07:09:49 | | # [Edit
錆白さんはじめまして。
いつも見ていただいているようで光栄です。

バッカーノについては、ネットでお勧めされたので読み始めたのですが、抱いていた印象以上に面白くてのめり込みました。ちょっと新キャラになれないと読みにくいところもあるんですが、好きなキャラが出るところはテンションが上がります。(ちなみにフィーロとエニス関連がかなり好きです)

ヒューイ氏に関しては、これから本領発揮という感じなのでかなり期待しています。あそこから、彼の本音がどのようにさらけ出されるかが楽しみです。

では、これからも覗いてくださるとうれしいです。それと、もしお勧めがありましたら教えていただけるともっと嬉しいです。
2009/09/08(火) 21:05:55 | URL | 西織 #fBhJEaUc [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。