スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年漫画 感想

2009.07.05 *Sun

 ぎりぎりですが、今週の少年漫画感想。


○週刊少年ジャンプ

・ワンピース
 ここでこういう展開を持ってくるとは全く想像していなかったので、マジでふるえました。うわあ、べたっていえばべただけど、これ以上ないほどすごい友情だ。
 ここに至って、ボンちゃんが生き残れると思える要素が低いのもまた衝撃を大きくするよな……。あのマゼランだぜ? 本気で勝てる気がしないよ。
 最後のボンクレーの「本望!」ってセリフがすごくかっこよかった。そうか無事でいてくれ……。


・ぬらりひょんの孫
 何この少年漫画の王道。
 なんだかリクオパートの時よりも少年漫画なんですが、このじーちゃん。かっこよすぎて目が離せん。ここまでストレートな主人公ってのもまた珍しいからかもしれない。
 しかし、花開院家のあの人が、万に一つも勝てないと言っている以上、まだ何かあるんだろうなぁ。


・銀魂
 空知さんがノリノリで書いているのだけはわかった。
 ……しかし、ほんっとギャグがおもしれぇ。もう展開がカオスすぎて突っ込み切れない状態なのに、それでも新八にしっかり突っ込みをさせてるところがさすがだ……。


・べるぜバブ
 MK5がマジで空気読まないことに笑いました。
 しかし、みごとなすれ違いっぷりだよな……。葵が一人暴走しているってのもあるけれど、男鹿がそもそも相手の言うことを聞く気がないってのも理由に拍車をかけているところがおもしろい。


・めだかボックス
 西尾維新全開。
 やっぱ西尾さん、ギャグのときのノリノリ感がすごい。そして、対象とするメディアにぴったりのネタをよく用意できるな……。今回の話、小説でやったらかなり難しいけど、マンガみたいなとんとん拍子で進むテンポでは異様なほど効果的ですからね。
 とりあえず、いやいやいいながらついてくるツンデレ諫早先輩が最高です。あと、阿久根が一気に垢ぬけていいキャラになったなぁ……。


・黒子のバスケ
 素人考えだと、緑間が撃ったシュートをいくらロングパス&ダンクで決められても、スリーポイントシュートのおかげで一点差がどんどんついて行くように思うんですが……。


・バクマン
 ……順位が。
 原稿落としたのか、マジでアンケートが悪かったのかが気になるところ。ってか、今週のジャンプは軒並み順位が入り乱れてるから、正直先がわからなくなってしまった。
 内容の方は、もう平丸さん最高です。リアル富樫先生乙
 あと、中井・蒼樹ペアもなかなかいい感じのチームワークになってきているようで。蒼樹さんが「漫画に関してだけは」と念を押しているところは笑いましたが。
 福田さんのところは、アシスタントとのやり取りがおもしろい。ああいう職場は、たとえどんな風になっても面白おかしくやって行けるだろうな。(本人たちは真剣、ってところも重要)



○週刊少年サンデー

・結界師
 ……とりあえず、兄弟喧嘩はよそでやってくれとマジで思う。
 しかし、正守パートが長すぎて良守たちがどうなっているのか忘れ始めてきた(いや、ダメだろ)


・ハヤテのごとく
 薫センセー(泣)
 ちょっと待って、あそこまで行ってほとんどいいムードにならないとか、拷問でしょ。ってか気づけよ桂先生! 押しが足りないってのもわかるけどさ!
 ひたすら甘酸っぱい大人たちの物語でした。
 ちなみに、来週からの展開を、作者は「歌がアタラクシアからhollowに変わる感じ」と言っていましたが……。まさかFateネタも通じるとは、この作者、守備範囲広すぎだぜ。(まあ、Fateは有名ってのもあるかもしれないが)


・神のみぞ知るセカイ
 なんかやっと桂馬のライバルキャラっぽいのが出てきましたが…………正直ダサい。
 まあ、まだ一こましか出てきていませんが。どうなるかは来週に期待ですね。


・はじめてのあく
 あり、今回いつものあの煽り文がない……。

 内容は、もはやメインヒロインがジローにしか見えない内容に。おい作者、これ以上ジローに萌えさせて何をするつもりだ!


・アラタカンガタリ
 ナルまで絵でしたか……。
 徹頭徹尾救いのない話だったな。これ、下手したら立ち直れないレベルにも思えるけど。


webサンデー
・ハイド&クローサー
 最終回。
 ここまで追ってきてよかったと思える最終回でした。ああ、すがすがしい。
 最後のクローサーみたいにナイスガイになった春瓶のインパクトがやっぱりいい。こうして受けつがれていく、ってのはやっぱり見ていていいものがあるなぁ。
 あと、各キャラのその後が、ジョジョの二部ラストみたいで面白かった。
 なにはともあれ、お疲れ様でした。



○週刊少年マガジン

・GTO
 やっぱこの漫画、単純にノリがおもしろいわ。
 べただけどそれがいい。たまにこうして過去の作品の番外編やるってのもいいもんだなぁ。


・我間乱
 最高すぎる展開だ。
 森の中。遠隔から狙われる敵に対してどう対応するか。もうこういう展開大好きなので、早く次が読みたい。足貫かれちゃってるけど、どうするんだろうか。





 今週、サンデーを読んだ時になんか物足りないと思ってしまった……。
 やっぱ魔王面白かったよなぁ。あれほど次の週が待ち遠しい漫画も珍しい。
スポンサーサイト
COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

COMMENT

魔王ねぇ…
兄貴編は好きだったけど正直、弟編は微妙だった
2009/07/05(日) 12:00:51 | URL | あ #- [Edit
確かに構成や主張なんかは兄貴編の方がきれいにまとまっていましたが、潤也編はその兄のいいたいことを模索していくという面白さもあったと思います。というか、潤也編なくしたら安藤の思いが完全に無意味になってしまうので。
まあ、原作も好きだったからこそ、余計にそれを漫画でどう表現するか楽しみだったってのもあるんですけどね。
2009/07/05(日) 12:09:32 | URL | 西織 #fBhJEaUc [Edit
黒子のバスケで、何で封じられているかという話。まず、
普通に入れる->敵の攻撃を止める
なら単純に二点差が取れますけど、緑間のシュートだと必ず一点差が付くだけ。普段なら速攻も潰しての三点差が一点差というのはうまくない。これが一つ。

もう一つは、緑間の疲労の問題。一点差を付けるためだけにスリーを打ち続けるのは結構体力使うと思う。他の試合でも絶対入るなら緑間にボール回してりゃいいわけだし。それをしていないってことは、やっぱり「確実に入るシュートを打つ」わけで、「どんなシュートも確実に決める」わけではないということ。疲れれば外す可能性も出てくるし(設定上は、そんなことはないらしいけど)、ディフェンスにも影響が出てくる。一点差を確実にとっても、緑間が使えなくなり、時間かけてもさして点差がつかないことを考えると、封じられたと考えてもいいかもしれません。


......とまあ、無理矢理自分に納得させるために練り上げた理屈ですけど。ぶっちゃけ、あの漫画はそういう細かい試合描写は適当なところが多いので、本当のところはどうだかわかんないですねー。僕の理屈も適当ですし。ま、黒子のバスケは面白いからいいですけどね!

魔王の九巻が紀伊國屋になかったですorz 自転車で駆け巡ってきます。
2009/07/05(日) 23:38:14 | URL | 柊一 #- [Edit
おお、確かに一応説明はついていますね。
実際の試合だったら体力の温存は必要ですしね。あんま打ちまくって後でばてましたじゃ話になりませんし。

……しかし、今週のジャンプで最高なことをしてくださった緑間は、もはや規格外すぎるような気が。

面白いからいいんですけどね!
2009/07/06(月) 23:36:11 | URL | 西織 #fBhJEaUc [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。