スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少女』 著/湊かなえ  感想

2009.06.27 *Sat
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2009/01/23)
湊 かなえ

商品詳細を見る



 「因果応報。地獄に堕ちろ」



 ずいぶん前に読了。
 今の今まで感想書くのが面倒だったので……。

 とりあえずはじめに注意しておくと、あんまりうまく感想書けませんでした。読了後は面白い、と思ったんですが、思い返せば思い返すほどあらが目立つような気がして……。すぐに感想書けばよかったんですけどね。


 そんなわけで、湊かなえの二作目。『少女』
 正直な感想をはじめにあげると、『告白』がすごすぎて、こっちは微妙に思えました。うーん、ひとつ一つの要素と、見つめる視点はいいんだけど、なんか少し足りない感じがしました。『告白』のすっきり感からすれば、なんかちょっと消化不良。

 その理由は、多分主題である『人の死を見る』ってのが思ったよりも深められてなかったからだろうな、と思います。なんか結局なあなあで終わっちゃっている感覚がある。
 少なくとも主題を置いている以上、それがあんま深められなかったのは痛かったなぁ、と思います。見どころである伏線の回収も、『告白』の時ほど意外なものではなかったですし。最初と最後の遺書のおかげである程度体裁は保てていると思いますが、それを作者が狙ってやっているのかそれとも単に筆力が足りなかっただけなのかが予測できないんですよね……。
 あと、はじめ敦子と由紀の章わけがよくわからなかったのは僕だけじゃないとは思いますが、これは狙ってやっているのだろうか?(まあ、慣れたら気にならなかったですが)




 とりあえず、内容を踏まえた感想を。




 最初は、敦子はちょっと嫌なやつか、と思ったのですが、老人ホームでおっさんに対する対応が以外にも気遣いができていたものだったので、根はやさしいタイプだとわかりました。
 代わりに、由紀は最初まともなキャラかと思ったら、あとになるにつれて嫌な感じに。まあ、その理由には祖母の影響があるとしても、他の人間をちょいと見下しているような態度はあまり好感は持てない。ボランティアの女性はいいとしても、彼氏を見下しながらも付き合っているのがなんだかなー。

 まあ、そんな風に思ってしまったせいで、敦子の根の純粋さが、後半は結構救いでした。
 印象としては、由紀サイドはひたすらくらいところに沈んでいく感じで、敦子サイドはその暗さに触れておそろおそる潜っていく感じ。

 由紀の方は、もう嫌な人間ばっかりでてきますしね。ぼけたおばあちゃんしかり、ボランティアのおばさんしかり、変態のサラリーマンしかり、彼氏しかり。しかし、変態サラリーマンはなんで必要だったんだ……?
 逆に、敦子の方は結構いい人ばかりだし、嫌な人でもいい面を見せているように思います。高雄さんは言うに及ばず、由紀が恨んでいる祖母も、こっちの方ではそこまで悪い人だってことは描かれていないし。そんな中で高雄さんにのめりこんでいくところが、危うい感じがしたけれど。

 しかし、話の勢いでいい話だなぁ、と思ってスルーしていたけれど、敦子はどうして高雄さんに惹かれたんだ……? 後で考えると、そこだけがなんだか唐突な感じがしました。うーん、話としてはいいから、別に気にするほどでもないのか。


 ヨルの綱渡りについては、敦子が高雄さんの家でそれを読んだ時がすごく良かった。『あんたがそれほど不幸だというなら~』の引用の部分は、まだ全容が分かってない段階だったのに、ジンときました。
 この物語のキモはここだと思います。主題を離れちゃっているのがかなり残念だけれど。
 どうせならもっと別の主題にすればよかったのになぁ。どうして『人の死を見る』なんてものをはじめに持ってきて展開させたんだろう。




 ………うーん、いつにも増して、とりとめもないし、それに言いたいこともあんま言えてない。

 どうも感想を書くまでに時間がかかりすぎたので、言いたいことがぽんぽんと出てきませんでした。
 まあ、少しずつリハビリしていきたいと思います。そんなわけで、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 湊かなえ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。