スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年漫画 感想

2009.06.03 *Wed

 ……一週間、一回も本の感想をしないで週刊マンガの感想にはいってしまった…………。



○週刊少年ジャンプ

・ワンピース
 サンジwwwww
 そのままゴールインしておかま拳法を習得してきてください。

 本編の方は、なんか黒ひげが強いのか弱いのかがわからなくてどうとらえていいのかわからん。
 やっぱマゼランが強すぎるのかな?
 マゼランが気絶しているハンニャバルにかけた言葉にはぐっときた。なんだこの二人の信頼感。先週のハンニャバルもかっこよかったけど、短い中でこれだけの信頼を見せつけてくれるなんて、やってくれるね。


・べるぜバブ
 あざといセリフでも主人公の本音が痛いほどわかるから余計におもしれぇwww


・ナルト
 ………………。

 なんで生き返らせるの!?
 いや、話の流れとしてはいいけれど、でもなんであの人生き返らせるの!? あんなにきれいな終わり方したあの人を生き返らせるの!? ねえ、なんで!?

 あー、もう。なんかいろいろ台無しだなぁ、と思ってしまった。


・黒子のバスケ
 先輩たちのターン終了。
 もうちょっと先輩だけのターンやってほしかったなぁと思った。
 まあ、最後の黒子のセリフがかっこよかったからいいけど。


・めだかボックス
 まあ、失速させるなら妥当な話数だと思う。
 最後のあの人を、次回でどう扱うかによると思うけど……。
 どうも、西尾さん変に少年漫画を意識しすぎてまともにやってる節があるからなぁ。先週みたいなノリが一番面白いんだけど、そう何度も続くわけがないし。
 化物語みたいに会話だけするでもいいと思ったり。まあ、そうなった場合絵の暁さんがものすごい大変になるわけですが。


・サイレン
 フレデリカ様のデレがあざとくもうざくない程度なので心地いいなぁ、と思ったり。
 しかし、シャオが涙目だな……。
 じゃんけんで全部決めているエルモア・ウッドの子供たちは本当に仲がいいなぁ。


・ぬらりひょんの孫
 珱姫が可愛すぎてもう何も言うことがありません。

 腕を刺されて、余裕でいながらも焦っている姿のおかげで、やっぱりおじいちゃんなんだなぁ、と思えました。



○週刊少年サンデー

・マギ
 『すもももももも』の作者、サンデーに登場。
 というわけで、結構楽しみにしていたんですが、ちゃんと面白い物語を用意してくれました。
 すももに比べたらギャグが少ない感じがするけど、それは今後に期待するとします。
 しかし、あの筋肉はやっぱ独特だよなぁ……。


・ハヤテのごとく!
 言ってることは凄く真剣なのに、内容があんまりにも馬鹿すぎてちょっと笑える。
 シスターがちゃんとワタルのこと思っててよかったわぁ。そこスルーされたらどうしようと思ってたよ。


・神のみぞ知るセカイ
 インターバル回。
 懐かしのキャラたちが出てきて、なんだかお祭りみたいな感じでした。
 個人的に歩美がやっぱりいい感じだなぁ。攻略回が一話目しかなかったのがもったいない。こうしてちょくちょく登場してほしいものだ。
 花音の登場がインパクトありすぎてちょっと笑った。

 あと、コチラの方で、作者が前回のみなみ編について解説を入れているのですが。
 正直あのラストはかなりいいと思っていたので、こうして解説入れてもらえてすごくうれしかったです。桂馬のあの行動と言動には、こういう意図があったのか、と思うと、あのラストが余計に映えるような気がします。
 しかし、あれ人気なかったのか……。個人的には、今までの攻略の中で一番面白かったんだけどなぁ。


・アラタカンガタリ
 なんでこいつこんなに偉そうなの?
 んー、カンナギが改心するとは思ってなかったけど、また面倒になりそうだな。
 ところどころでコトハのことを気にする革が切ない……。


・はじめてのあく
 同居人が生活費を入れないコメディー!
 というわけで、面接の話。
 もう少しはっちゃけても良かったんじゃないか、と思った矢先に、最後の証明写真で吹いた。
 ジローよ……


・最上の命医
 なんか毎回感想書き忘れるんですけど。
 ここんとこ、真中先生のでれっぷりがやばいですね。先週とかもう胸キュンがやばかったですよ。
 しかし、命といい危といい……。
 瀬名さんも十分鈍いとは思います。


・魔王
 殺し屋背後に控えて立っている潤也の絵が迫力ありすぎる。
 岩西との電話で、桃から情報買っていたことも判明して、一気に伏線回収した感じでしたね。やっぱり狙撃主二人も押し屋の仕業だったか。

 最後、ちゃんと詩織がヒロインやっててよかったです。
 今までが影薄すぎたからなぁ。しかし、潤也の様子がおかしいことに気づいても、受け入れようとする健気さが切ないなぁ。
 安藤の腹話術が来た時の鳥肌は凄かった。結局潤也の心を動かしたのは兄貴の言葉だったわけだけど、ちゃんと安藤が潤也のこと受け入れてくれるということが分かってよかったなぁと思う。
 さて、『次回ッ!』書かれていましたが、何が起こるのでしょうか。



○週刊少年マガジン

・はじめの一歩
 死神がまともな試合を……の二話目。
 いやあ、しかし勝った後、ベルト持って「これでいいんだろッ!」と言っていた間柴さんがかっこよすぎる。
 妹と一歩が近くにいることに嫉妬している姿と言い、なかなか人間らしくなったなぁ、こいつ。


・あひるの空
 おお、やっと面白くなってきた!
 空パパがどう出るかな、と思っていたら、ここで啖呵切ったか。そもそもがやるしかないじょうたいなわけで、空たちにとってはいい展開だよな。


スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

COMMENT

神セカのみなみ編に関しては、6/3の作者ブログを見ると幸せになれるよ。
2009/06/04(木) 00:18:59 | URL | 通りすがり #- [Edit
みなみ編が意外と人気だったという記事だったら、これ書いたあとすぐに見ました。わざわざありがとうございます!
2009/06/04(木) 23:01:06 | URL | 西織 #fBhJEaUc [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。