スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バカとテストと召喚獣』 著/井上堅二  感想

2009.05.01 *Fri
バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)
(2009/04/30)
井上 堅二

商品詳細を見る



 「ここから先は本気だクソ野郎」




 バカテスシリーズも気づけばこれで七作目。なんかあんまり巻数重ねてなかった印象があったんですけど、四月から八月までの間に七冊も使っちゃったかー。

 でも、やっぱりこのシリーズはコンスタントに面白いなぁ。安心して読めるシリーズです。これも大体会話で笑わせるパターンが多いのですが、もう七冊も読んでいるのに飽きずに笑える。ってか、毎回毎回絶対に爆笑できる最高のネタを仕込んでくれますからね。

 特に今回で言うと、P131の挿絵のあの人とか……。ページ数確認するために適当に開いたら一発で探し当てるとかどんだけだよ……。あれはもう、最強の爆発力です。イラストとのコラボがナイスです。(あと、あれは対策の方も面白かった)
 あと今回の笑いどころでいえば……いかん。ありすぎてどれを選んでいいのかわからん。ババァ長とかは油断していたところだったのでむせるほど笑いましたし、アレクサンドロス大王は、まだ続いてるのかそのネタ、と笑いました。あと、肝試し中は、こんにゃくでトリップする馬鹿二人には、息がつらくなるくらい笑いました。



 はじめは、もう六巻(+一巻)だし、そろそろネタにも慣れてきたかなぁとか舐めててすみません。この作品はマジですごいです。舞台設定とかキャラクターとか、ほんとにちゃんと把握していらっしゃる……。



 笑いどころばかり書きましたが、それに加えて、物語の方も結構面白いです。

 今回は特に、姫路さんが頑張った。常夏コンビに啖呵切るところは、王道だから予想できていたとはいえ、それでもぐっと来るものがありました。イラストの効果も凄いですよね。純粋に明久のことを優しいと思っているからこそ、あそこまで馬鹿にされたら我慢できなかった、というのがしっかりと伝わってきます。
 そしてそのあとで、雄二と明久が本気になるところも、王道展開で熱かったです。自分たちのことはどうでもいいけど、姫路さんのことを馬鹿にしたのだけは許せない。その気概が、男をかっこよく見せる!

 こういう王道展開って、流れが決まっているからこそ、魅せるのは難しいんですよね。それでも、明久たちの本気がかっこよく見えるのは、やっぱり作者の力量だと思います。相手の常夏コンビも、ほんとにいい具合に、嫌なキャラとして立っていましたし。


 ただ、正直恋愛方面に関しては、ちょっとあざとすぎるかもなぁと思わないでもないです。
 鈍すぎる主人公ってのがそもそもあんまり好きじゃないのが原因でもあるんですが、どうもおなじことを繰り返しているように見えるんですよね。美波も姫路さんもかなり頑張ってるのに、それが毎回毎回から回るのは見ててなんだかなーと思ったり。
 まあ、単に僕がラブコメ合ってないだけなんでしょうけど。ラブコメの魅力って、実際そういうじれったいところですからね。(同じじれったいにしても、お約束のじれったさと、その後の展開につながるじれったさで全然変わったりもするんですけどね)



 そんなこんなで、相変わらず面白かったです。

 いやあ、高校生活っていいなぁorz(もう一度戻りたいなどと、もう早言い始めてる大学一年)

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 井上堅二

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。