スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルー=ガルー 忌避すべき狼』 原作/京極夏彦 漫画/樋口彰彦  感想

2009.03.27 *Fri
ルー=ガルー 4―忌避すべき狼 (4) (リュウコミックス) (リュウコミックス)ルー=ガルー 4―忌避すべき狼 (4) (リュウコミックス) (リュウコミックス)
(2008/11/20)
京極 夏彦樋口 彰彦

商品詳細を見る



 「あたしらの間じゃ、そういうのをダージャー。“仲間”って言うんだ」



 ちょっとばたばたしていた所為で遅くなりました。
 漫画版のほうの感想です。


 といっても、何を語ればいいのやら……。


 とりあえず、漫画版の感想に関しては、一巻ずつに感想つけたいくらいなんですが、さすがにそれは大変なので既刊全てまとめて話をします。そんなわけで、表示は最新刊の四巻。セリフも、四巻の麗猫のセリフから。

 麗猫かっこいいです、まじでかっこいいですこの娘。
 格闘は強いのに、殺し合いは出来ないってところがまたリアル。殺人衝動に耐えている歩未を意識していたりして、なんとなく対照的に見えるところがいいと思います。
 始めは生まれのこととか気にしててうだうだ言って面倒くさかったですが、仲間になった後はすごく頼りになる。四巻で葉月を助けに来たシーンは、少年漫画みたいでかっこよかったわー。



 漫画版では、原作にないオリジナル展開がいくつかあるんですが、丁度原作で消化不良だった部分を保管しているので、個人的にかなりうれしいんですよね。一巻の矢部裕子と一緒にテレビ局の人間から逃げる話とか、麗猫の村に捜査が入る前に大脱走をやらかす話とか。どちらも、それがあるからこそ絆が生まれるので断然あったほうがいいともいます。


 っていうか、矢部裕子の登場シーン、原作で少なすぎるんだよ……。

 矢部さん、可愛いじゃないですか。彼女が三巻でいきなり死んだときは本気で固まりましたよ。原作読む前に漫画版読んだから、絵の効果もあって余計にショックでした。
 一応作品の設定として、この少女たちはコミュニケーションを取る方法が良く分からないはずで、原作では実際、葉月と歩未と美緒の三人は冒頭で初めて会話をするのに、漫画の方では最初っから仲良しなんですよね。それを踏まえたら、矢部さんの始めの反応はすごく当たり前のことで、でも葉月たちと交流する中で、少しずつ『友達』と言うものを意識していって……って言うのがかなりいいんです!
 あー、もうホントショックですよ。漫画でトラウマになりかけたのは久しぶりでした。



 あと、漫画版は中村雄二と幼馴染のあの大阪弁娘(名前ど忘れした)の関係がいいです。原作ではまったく接点がない上に、両方ともちょいやくもちょいやくだったのに、漫画版ではなんと言う扱いのよさ……。
 まだ単行本になってない連載の分ですが、最終決戦のときに中村が彼女を助けに来たところは最高に燃えました。(「アニメって言うんだ!」のセリフも含めて)


 漫画と原作両方とも好きなのは、美緒。こいつだけはキャラが変わってねー。むしろ胸でけー。編集スタッフの夢の量だけ大きくなる胸ってコメントで笑いました。
 この天才少女が作ったカメシリーズがどんどん改良されていったのが面白いです。カメ一号ただの巨大な機会、カメ二号は持ち運べるビジネスバック、そしてカメ三号が、大砲型……。最終決戦では、かなり役立ちますからね。早く単行本でゆっくり見たい。
 そういえば、今月の連載分の美緒のセリフには震えました。仲間ってのはなんだ!っていう問いに対する答え。カメ三号をぶっ放しながら思いのたけを叫びまくる美緒には、「惚れてまうやないか!」と言いたいです。


 歩未とか葉月についても話さなきゃいけないのに、どうにもこの二人話にくいなぁ。……葉月については、原作よりも表情が見える分、おとなしいイメージが伝わってきます。あと、興奮したら鼻血を出すというオリジナル設定も、コミュニケーション障害を表す上で一つの要素になってていい具合に作用していると思う。(原作だと、葉月は冷血漢にも見えちゃうからなぁ)
 歩未の方は、こっちは原作とそんままだと思います。うん、確かにこんな感じだ。ただ、彼女視点の話がいくつかあるので、おかげでより『殺人衝動』に耐えている姿が浮き彫りにされているかも。いつもクールな彼女はとても頼りになりますぜ。



 そんな感じで、それぞれのキャラクターの感想を垂れ流しました。分量で、自分がどのキャラクターが好きなのかが一目瞭然だ……。(矢部さんと美緒はヤヴァい)



 ただ、漫画版の場合やっぱり大人サイドの話が少し省略されているのが残念ですね。物語の設定も、子供サイドのほうで終わらせることが多いので、不破さんと橡さんの出番が操作の方面にしかない……。
 まあ、両方満たすことなんて出来ないので、原作も漫画版も、両方好きです。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。