スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルー=ガルー 忌避すべき狼』 著/京極夏彦  感想

2009.03.22 *Sun
ルー=ガルー (トクマ・ノベルズ)ルー=ガルー (トクマ・ノベルズ)
(2004/11/19)
京極 夏彦

商品詳細を見る



 「目から水分出して何になるんだよ、ばかぁ!!」




 今現在、本の方をしまってしまって出せないので、セリフはうろおぼえですが、まあ漫画版にもあったので多分大丈夫かと。(一番印象に残ったといえばこっち)


 さて。この小説。京極夏彦さんといえばある程度知名度がある作家なので分かる人も多いと思いますが、彼にしては珍しい、SF近未来小説です。
 大体、京極さんの小説は、難しい文体やら薀蓄やらが溢れているのに、内容はどちらかといえばラノベのようなノリなのが多いですが、この小説は特にその気が強いです。




 物語は、少女の視点と大人の視点の二つを交互に繰り返すことで展開される。十四歳の少女で、引っ込み思案の牧野葉月。派遣カウンセラーで葉月のクラスを担当している不破静江。二つの視線を交互に見せられることで、少しずつ物語が深くなっていきます。


 読み始めはちょっと突っかかりますが、読み進めれば止まらなくなりました。特に後半のテンションの高さはすごくて、読み終わるまで一気に進められます。
 設定の深さも読ませてくれますし、佐倉雛子が語る占いについてなんかは、やっぱり京極さんだなぁと思わせる内容。大きな存在に振り回される様子が、京極さんのいつもの『オカルト』によって振り回すのとはちょっと違ったニュアンスがあってよかったです。


 じわじわと擦り寄ってきて、最後はもう止まれない。そんなスピード感のある小説でした。




 ただ、小説版と漫画版を読み比べた場合、ちょっと小説版は惜しいなぁと言うところがあります。

 例えば矢部裕子のこととか、中村雄二のこととか。特に矢部裕子は、漫画版での扱いが結構良かっただけに、小説版のあっさり感が残念です。

 その代わり、漫画版よりいいのは大人サイドの絡み。ちょっと入り組んだ設定とか、昔を懐古する姿なんかはやっぱり橡のようなキャラじゃないと出来ないので。確かに漫画版では表しにくいしなぁ。



 明日にでも、漫画版のほうの感想をやります。

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 京極夏彦

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。