スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悲鳴伝』 著/西尾維新 感想

2012.04.28 *Sat

 悲鳴伝








 この世に正義があるとして、たとえヒーローがいるとしても、きっとこの物語はそれとは無関係のところで決着する。それはたぶん、愛とか、友情とか、そういうものだ。





 ※商品検索がうまくできなかったため、画像なしで更新します。

 やっぽー。四か月放置したブログも、西尾維新の新作が出れば更新しますよい。


 ……ってかこれ以外の利用法がなくなってないかこのブログ。
 まあ簡単な感想とかは本ブログの方でやってるしね。いや、くそ長いのは放置しているけど。書きかけで放置しているのが一番たちが悪いと思うけど。

 そういうのはおいておいて。

 西尾維新の新作ですよ。
 新作長編ですよ。

 個人的にはそろそろ戯言世界か、りすかの続きを(チラッ、っていう感じなんですが、まあ同じシリーズ連続で出されるよりは、こうしてたまに新しい世界観見せてくれた方が楽しいっちゃ楽しいです。

 んで、悲鳴伝。まずはネタバレなしで感想を言うと、ノリは初期の西尾維新だなーと思う。おもにキャラの消化具合的に。あと、世界観は無駄に大きいけど内容は内輪もめ的なところもやっぱりなーという感じ。
 ただ、書いている間に空々くんのキャラをつかんでいったのか、後半はかなりノリがよかったけど、前半はちょっとつらかったんだよなー。ってか前半は尺を半分にしてもよかった気がする。その分後半にほかの要素も詰め込んでほしかったお……。






 とまあ愚痴はこんなところで。

 ネタバレありの感想を。









 まあなんというか、最後に『ありがとう』を言って終わる結末は、あまりにも前振りが多すぎるからわかってたけど、やっぱ報われない子だったなぁ犬个ちゃん。
 ここでハッピーエンドにするために彼女を生かさないところが西尾維新の非情でなおかつ良心なところだとも思うけど。彼女のように、環境によって殺人を犯すしかなかった子を救うには、やっぱり殺すしかないからなぁ。それを被害者である空々の手で下してもらえたってのが、ある意味報いだったのかも。ついでに言うと死んだ後に、何も感じないはずの彼に抱きしめられるくらいには大きな存在になっていたっていうのは、誇っていいことだと思う。
 こういう、キャラの死に所を逃さないところが西尾維新のいいところだと個人的には思ったりする。犬个ちゃんだけじゃなくて、左在存とかもそうだし。まああれは死ぬって思ったよ。フラグびんびんだったもん。まああそこまであっさりいくとは思わなかったけど。
 ちなみに個人的に一番燃えたのは左在存が喋ったところなんだけど、やっぱああいう演出はくそうまいよなぁ。そしてそのあと求めた方向にテンションがつながらないところも。まあ、今回は空々の性格のおかげで、中盤以降がかなり面白くなったと思うけど。

 特に今回はバトル描写がよかったなぁ。空々は13歳の身体能力しかもっていなくて、異常なのは精神性だけっていう状況で、無理のない戦いしてるもんな。まあ、ラストの友情(笑)ダイブはさすがに都合よすぎだろと思ったけど、超パワーを発揮するわけでもないところが面白い感じ。この辺、りすかのバトルに通じるところあったからかなり好み。あー。りすかの続きまだかなぁ。

 あと、花屋はちょっと病みすぎだったな。あれはヤンデレじゃねぇ、ヤンデるだ……とか言いたくなる感じ。なんで空々にあんだけ依存していたのとか、そういう話ももうちょっと欲しかったかなぁと思う。長い割に尺が足りないと思ってしまうのが残念だよな。まあ、物語的に犬个と空々の物語だから、そこは気にしないでもいいってところかな。ただ、ヤンデレがかわいいのは病む理由が明かされてからだと思うから、もうちょっと掘り下げてくれてもよかったかも。
 べただけど飢皿木博士が助けに来た理由に燃えた。ああいうのいいよなぁ。やり終えた大人が、最後の望みで主人公を助けに来るっていう。敵にぶっ殺されるところまでまさしく王道。最後に軽く伏線をまくところも王道。いや、まあ敵も何も、全員味方なんですが。マジで内輪もめって怖いよね。


 そりゃそうと、読みながらイメージしたのが仮面ライダーカブト。地球陣とかマジで戦闘力のないワーム……。あとグロテスキックでダークカブトを想像した。いやまあ、それだけなんだけど。
 しっかし、これ読んでいる途中は西尾っぽいなとか思うんだけど、物語の筋だけを考えるとなんか別の作家の書いた話みたいな感じなんだよなー。なんでかなーって思うと、思ったほど不条理がないところかな。物語がどこの方向に行くのかわかったもんじゃねェっていう感覚がないところが、戯言とかとの違いな気がする。

 最後に。これは言われて気づいたんだが、342ページェ……。ありがとう言っとるやんけ空々ェ……。
 まあ15日で書いたとか言ってたし、ほかにも段落がおかしかったり誤字多かったんだよな。その割に物語が破たんしていないところはさすがって感じ。うん、次回も、何を見せてくれるか楽しみです。


スポンサーサイト
COMMENT : 8
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 西尾維新

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/25(木) 01:41:08 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/30(金) 17:09:15 | | # [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/01(月) 14:42:38 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/10(日) 14:50:20 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/12(火) 03:30:24 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/23(土) 04:28:36 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/27(水) 12:52:53 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/30(土) 19:46:57 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

 悲鳴伝 この世に正義があるとして、たとえヒーローがいるとしても、きっとこの物語はそれとは無関係の
2012/11/05(月) 11:02:20 | まっとめBLOG速報 [Del

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。