スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『親指からロマンス』 著/椿いずみ  感想

2009.03.21 *Sat
親指からロマンス 9 (9) (花とゆめCOMICS)親指からロマンス 9 (9) (花とゆめCOMICS)
(2007/05/18)
椿 いづみ

商品詳細を見る



 親指から始まった恋だけど
 今はそれだけじゃないの



 漫画の感想。

 少女マンガです。はい。普通に好きです。


 このシリーズ、実を言うと中学生のときに立ち読みで知ってはまりました。それから古本屋で見つけるたびに読んでいるんですが、8巻が発売する前に追いついてしまい、その後すっかり忘れていました。先日貸し本屋で見つけたので思い切って借りましたが、借りてよかったなぁと思います。

 ってか、このシリーズはいつか自分でそろえたいなと素直に思いました。


 内容は、マッサージに命をかける主人公・東宮千愛は、ある日とんでもなく背中が凝っている男子生徒を見つける。彼の名前は森泉陽介。そのルックスから女子生徒にもてる陽介だが、持ち前の冷たさでだれも近づけなかった。そんな彼に、千愛は接近し、開口一番に「マッサージをさせてください!」と言う。
 親指から始まるロマンス。ラブコメディー。



 何が面白かったかというと、キャラクターだったりノリだったりストーリーだったり、それこそいろいろあるんですが。なんかそれら全部含めて面白かったなぁと読み終わった後に思えました。



 ってかね。



 主役の二人が可愛すぎるんです。


 千愛はもちろん、陽介もすげー可愛い。何この男、キュンとさせるようなしぐさが多すぎる! 途中からは千愛にぞっこんになって、マッサージしか頭にない千愛に自分を見てもらいたくて悶えてる姿とか、もうッ! 次第にデレていく最強のツンデレでした。(特に、MAXデレ期の最終巻はやばかった)
 まあ、それはそれとしても、千愛もやっぱり可愛い。唯一持った趣味がマッサージ、マッサージすることだけが自分のアイデンティティとまで思っている彼女。ああ、千愛にマッサージして欲しい。僕はしょっちゅう肩が凝っているので、この漫画読むたびにマッサージして欲しいと思いますよ。チクショウ、陽介の幸せ者め~(笑)


 てか、セリフの引用もした「親指から始まった恋だけど~」のくだりとか、あと「つかまえた!」のところの千愛の表情は最高です。ああも、こいつ僕を萌え殺す気か!



 そんな感じで、ひたすら主役の二人に萌え萌え(間違ってないはず)だったんです。



 ストーリーの流れとか途中少し忘れているところもあるので、やっぱり近い将来買いたいと思います。千愛の双子の明佳のこととかは結構頭から抜けているので。

 よし、また一つ目標が出来たぞ。


スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

COMMENT

はじめまして、まさか「親指からロマンス」を高く評価している方がいるとは・・・。久しぶりに一巻から読み直し、自分以外の人はこれをどう評価するか気になったので調べてを入れてみたらここに行き着きました。

感想に関しては仰る通りです!とにかく二人ともが純粋で見ているこっちも恥ずかしくなるぐらい可愛かったですね!!二人ともが自覚したあとなんかはもう半端ないです、陽介が自分の過去を取り戻した直後が自分の中の最高潮でした!と、ぐだぐだ言っておきながら組み合わせとしては春海と夏江、三姫と了のほうが好きなわけですが(笑)

もう既に全巻そろえているようなのでご存知だとは思いますが明佳のことが記憶から抜けるのはしょうがないですよね、一巻以降は数コマしか出てきませんから。もともと最終回は明佳に関連したものになるはずだったのに、却下されてしまったがためにただの性格悪いキャラになってしまったのが非常に残念です。椿さんが用意していたラストがずっと気になってしょうがないですよ!!

少々話が変わりますが、今連載されている「俺様ティーチャー」は正直あまり好きではありません。一応十巻までは読みました。ギャグのセンス等は文句無いのですが、真冬と話の設定だけがどうも好きになれません。なので「俺様ティーチャー」の魅力について語って頂けるとありがたいです。

長文失礼しました。
2011/10/13(木) 01:50:21 | URL | 通りすがり #3cXgguLU [Edit
どうも! こんな古い記事を見せてしまい恐縮ですが、親ロマはずっと好きです。

明佳関連に関しては、実を言うと椿さんのブログの方で軽く説明があったりします。(知っているかもしれませんが一応)
結構古い記事になるんですが、この記事です
http://camellia698.blog82.fc2.com/blog-entry-24.html
こうして裏話を語ってもらえるのはすごくうれしいというか、白岩の存在理由が格段に上がってテンションマックスといいますか。この記事のおかげで、自分の中で親ロマは奇麗に終わったなぁと思えました(まあ、できればもっと続けてほしかったけど……)

俺様ティーチャーの魅力、と言うことですが……やっぱり、ギャグのセンス?
ギャグに関しては親ロマの時点からかなり独特でしたけれど、俺ティーになってから完全に昇華されたなぁと思います。各巻一回は笑い転げるシーンがあったり。
あと、他の面で言うと、どいつもこいつもキャラが可愛いってことですかね。ってか野郎ばかりですが。野郎が可愛い少女漫画は最高です。早坂君の純粋さとか、桶川番長の不思議な感性とか。
設定そのものがあまり気に入らないようですが、まあ恋愛的な人間関係がないのが少女漫画としては痛いですもんね……。ただ、ちょっと見方を変えると、俺ティーは主人公以外の人間の成長もの、として見れるかもしれないです。特に生徒会側になるんですが、雅様は本気で風紀委員をつぶそうとしているより、生徒会役員の一人ひとりの問題点を解決させているようにも見ることが出来ます。
例として、忍の対人関係における問題や、高坂のマニュアル型思考、若菜の人を頼らない頑固さなど。
そうした話の展開なんかも、俺ティーの魅力だと思いますし、また第一作で終わりが定められていた親ロマでは出来なかったことだな、と思います。
あと、個人的には真冬はめっちゃ可愛い奴だと思います。うん、千愛は女の子的な可愛さでしたが、真冬はキャラ的にめっちゃ可愛いといいますか。ってかぶっちゃけ野郎が可愛いのと大差ないな真冬の可愛さ……。

と、ちょっと長くなりましたが、これは記事にすべきだったかな……。
まだ椿さんの作品はあまり知名度の高くないので、こうして好きな人に出会えるとうれしいです。ありがとうございました。
2011/10/14(金) 17:08:29 | URL | 西織 #fBhJEaUc [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。