スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『花物語』 著/西尾維新

2011.03.31 *Thu
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る



 「お前は青春をしたんだ」



 物語シリーズ第二シーズン三作目。神原駿河に視点を当てた、君を知り、解きはなつための物語。
 相変わらず執筆速度と内容密度が釣り合っていない西尾維新ですが、今回も素晴らしい物語を届けてくれました。ってかマジで第二シーズンに入ってからの物語シリーズはガチだから困る。偽下と猫黒とは何だったのか。ちなみに、個人的に偽上は大好き。

 神原駿河の成長物語、というより、本当に呪縛から解き放つための物語だったんだろうな、と思います。ゆえに、はっきり言おうとギャグ期待している人はつまらんだろうと思う。自分的には『小説家』としての西尾維新はむしろこれくらいの方がいいと思ったりもするんですが、それはさておき。






 では、ここから下はネタバレ解禁であります。







 では、本筋から。

 神原は化物語において一つの罪を犯していて、今回はそれを清算するための物語だったんだろうなと思う。
 もちろん、今回の話で全部が清算されたわけじゃないし、彼女自身が思っているようにその経験は一生背負っていくものなんだろうけれど、エピローグで少し憑きものが落ちたように見える彼女を見ていると、これはやっぱり一つの転換なのだろうと思う。
 あるいは、単純に成長というのがいいんだろうけど。それこそ青春である。
 罪に対して、自身を責めることこそが償いだ、という風に思うのが当たりまえだろうし、そうする以外に償い方なんてものはないようにも思うけれど、それって結局自傷行為となんら変わらないんですよね。かといって、自分の悪行と等価の分だけ善行を働いたからと言ってそれが直接償いにつながるとは限らない。では何が贖罪になるのかというと、自分に素直でいることじゃないか、とこの話を読んで思う。
 人の見ているものと自分の見ているものは違う、っていうのがこのするがデビルにおいて語られた一番の要素であるわけだけれど、たとえ自分がどんなに罪に対して向き合っていても、人からすればそれはただの自虐でしかないかもしれないし、またただがむしゃらに突き進んでいるだけでも、それは人から見たら自分を責め続けている咎人に見えるかもしれない。結局償いなんてものは自分の裁量一つなんだから、ただただ真摯に、自分と向き合い続けるのが解決の糸口なんだろう。
 実際今回、神原は自分の思うがままに行動して、後ろ向きにしかいられなかった自分を前向きにすることができたわけですし。
 彼女は沼地に対してしたことを、ただ邪魔をしてしまったという居心地の悪さとしてとらえてはいるけれど、その結果停滞しかしていなかった状況はちゃんと動きだした。それは厳密には幸せじゃないかもしれないけれど、すくなくとも不幸じゃないと言えると思う。それこそ、その居心地の悪さは時間が解決してくれる問題。沼地はすでに死んでいて彼女自身の意思には意味がない以上、結局は神原自身の考えように落ち着くわけだ。
 神原には見て見ぬふりをするという選択肢もあったわけだけれど、それをした場合たぶん彼女は何度もそこで行動しなかったことを思い返してしまうだろうし。やらずに後悔するくらいならやって後悔する、っていうのは負け犬の遠吠えだと作中で語られたけど、神原はちゃんと、やって後悔しない道を選べたわけですね。

 薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ。

 この言葉の意味についてうまく考えがまとまらないんだけど、まあ要するに誰かのための正義は誰かの悪であり、誰かの悪行は誰かにとっての善行になりえる、っていうことをあらわしているんじゃないかな、と思う。つまり、神原母は母親なりに、神原がちゃんと自分を持った一個人として立ってくれることを祈ったのかもしれない。誰でもない、水のような人間じゃなくて、誰かにとっての薬となり、誰かにとっての毒となるような。そしてそれは自分自身にも言えて、自分にとって薬や毒となるほど強い意志を持って生きろ、って言ったのかなー、なんて思ったり。そういう意味では、今回の神原の選択は、沼地に対しては想像するしかないまでも、神原自身にとっては薬にも毒にもなっただろう。

 と、そんなところでとりあえず神原駿河についての言及は終わり。うん、とりあえずやっぱりまともな娘だったね。この子が冗談であんなハイテンションな下ネタを言っていると思うと結構感動ものなんだけれど、でもぶっちゃけ引き際ミスっているからねガンバルちゃん。


 それはそうと、今回の『人の見ているものと自分の見ているものは同じではない』という要素を一番あらわしているのはやっぱり貝木だろうなと思う。自分の嫌いな奴が自分を嫌ってくれるとは限らない、とはホントよく言ったもので、もうなんか今回のいいおじさんっぷりは感動ものだったわ。まあそんな中にも彼らしさを地味にみせてくれるところがほんと素晴らしいけれど。知っている情報は半分か。
 だけど、今回の登場で貝木のキャラが違う、って言ってしまう奴は、もう少し真面目に読んだ方がいいと思う。うーん、そういう感想をちょいちょい見たからなんかいらっときたんだけど、こういうのをキャラクターのぶれと言ってしまうのはあまりにも物語を設定的に見過ぎていると僕なんかは思うわけで、ちゃんと作中でも語られている通り、阿良々木君やガハラさんから見た貝木と神原から見た貝木が同じわけがないのだから。そもそも貝木が対応変えているって自分で言っているしね。そんな中でも彼だと思えるところは、そのふてぶてしさだったり情報の出し惜しみのやり方だったり、常に端役に身を置いているところだったり。結局のところ、人間って言うのは立ち位置が重要だと思うんですよ。こうしてキャラクターがぶれているっていうのは、むしろキャラが生きている、一個の人間として描かれている、と見た方がいいと思うのです。ってか、むしろギャップ萌え的なものがない? あの守銭奴が昔の思い人の娘に焼肉おごるとか。しかも肉肉言ってるんだぜ。西尾さんが貝木もまた理想の大人像の一つと言っていた理由はそういうところからも分かると思うんですが。


 さて。じゃあ最後に、彼の話を。


 伝説の阿良々木先輩に吹いた。


 あれだよな、ほんとこうして、他者視点における阿良々木くんの話題が増えるごとに、奴の一人称がいかに信用ならないかわかるな……。とりあえず後輩の女子に大人気な阿良々木君を見ていると、自分のことじゃないのにすげーうれしくなるのは気のせいだろうか。あれだけぼっちぼっちって自分で自嘲していた阿良々木君だけど、こんだけ人気があったんだよ! なんだか自分のヒーローが認められたみたいですげーくすぐったい。
 まあ、そんな阿良々木君も今回は完全に蚊帳の外というか、助言者的な位置づけになっていましたが。今回神原を車で拾った時、彼があまり深入りしなかったところがちょっと違和感だったんですが、それはどちらかというと成長による余裕にも見えるのでやっぱり色々あったんだろうなーと推測。神原から全ての顛末を聞いた時の先輩としての優しさのこもった言葉がいいなぁ。
 こうしてみると、やっぱり主人公って言うのは別の作品や続編なんかでは、忍野みたいな大人としての立場になるのが自然なんだろうなぁと思う。それはすごくいいことで、やっぱり大人って子供からみたらかっこいいものなんだよなーと再確認。阿良々木先輩はかっこいいのです。何より、そのブレなさがやっぱりかっこいいんだろうな。


 それにしても、最初の土下座エピソードで腹抱えて笑ったわけですが。いやなに? マジで出席日数やばかったんかい。そしてあなた、大学はどうなったの? 意図的に合否のこと語っていない気がするんだけど。うーん、でも合格していないのに車ぶいぶい乗りまわすっていうのも不自然だしなぁ。
 しかし、なんか火憐ちゃん好きが異常になっているんだけど、なんかあったんだろうか。まあ、正直火憐ちゃんの馬鹿っぷりは今回見ているだけでもかなり危ういレベルな気もしてくるけど。それと、月火ちゃんの方も生き急いでいるとかいう話が出てきてちょっと怖い。まさかあの子自分の怪異のこと知っちゃったとかないよな……。

 その辺、なでこメデューサあたりで語られるのかな―とか思ったりもするけど、ぶっちゃけ西尾のことだし今度はまた時系列飛んで撫子が女子大生になってたりするんだぜ。そして阿良々木君が全国放浪しているんだぜ。たぶんそうだ。絶対そうだ。

 うーん、猫白の裏話とか今回で出た卒業直前の事件とかもすげー食指が動くんだけど、本気で書く気があるのかな西尾さん。


 ちょっと追伸。
 忍野扇……お前マジでなんなんだ……。
 最初は西尾が女の子めんどいから男にしたのかと思ったけど……うーむ、ちゃんと語られるのか、これ?


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 西尾維新

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。