スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デュラララ!!×3』 著/成田良悟  感想

2010.05.19 *Wed
デュラララ!!×3 (電撃文庫)デュラララ!!×3 (電撃文庫)
(2006/08)
成田 良悟

商品詳細を見る




 「一緒に……直して行こうよ」




 もうこの二人お似合いすぎだろ!!と思ったラスト。正臣あんまりいいとこなかったけどかっこ良すぎるぜ。

 というわけで三巻の感想です。
 ほんとにノンストップ池袋アドベンチャーですね。二巻までにそろった役者が大暴れって感じ。くっそー、面白すぎてやばいわ。




 ではでは、ネタバレありの感想を。






 まあ、まずはサブキャラとかから視点当てていきましょうか。

 序盤の「交機を舐めるなよ」に大爆笑ww
 やべぇ。なんだこの人警察のくせにテンション高すぎだろww
 もう序盤はこの人のおかげで全部持っていかれた気がします。いや、つーかラストもある意味こいつに持ってかれたよなww。法螺田捕まえるところとかもうオチ要員かよって笑いながら突っ込みました。

 しかし、この白バイへの反応もそうですが、セルティがどんどん可愛くなっていくというね。お前百年以上生きている妖精じゃないのかよ。いや、そうやって未知のものにおびえるセルティも可愛いけどね。けどセルティは森羅のものだから森羅に思いっきり抱きしめてもらいなさい。終章で森羅を誘っているセルティがエロい。

 あと、森厳にくそ吹いたww。なんだこの変態親父。こんな奴にセルティは首を奪われたのかww。もういろいろ突っ込みどころ満載のくそ親父が楽しくて仕方がない。今後もいろいろやってくれそうだなぁと期待できるようなキャラでした。


 さて。

 では、本題に入りましょう。

 今回の話は、一貫して正臣と紗樹の話だったなぁと思います。 
 一巻では帝人の、二巻では杏里の物語を描いていたので、ここで正臣の話が来るのはタイミングとしてはいいですが、しかし正臣も正臣でかなり切ない状態だよな。年齢考えたら、内容がちょっとドロドロしすぎてて。杏里のように完全に非日常な存在じゃないところもまた感情移入しやすいところ。

 正臣の場合は、彼が弱かったというよりも、まだ子供だっただけなんだと思う。それは中学時代だけではなくこの話の中でもそうで、まだ自分がどれだけのことができるかわからないで、それでも何かしたいともがいているのが三巻での正臣だったんじゃないだろうか。一番呪いとして彼の中に乗っかっているのは、紗樹っていうかつての恋人なわけだけれど、それを避け続けていた彼が最終的に彼女を受け入れたというのが、彼が一歩大人になったという証拠のようなものなんだろうな。

 今回が面白かったなぁと思うのが、正臣のキャラクターは帝人や杏里に比べてひどく人間臭いんですよね。帝人は『憧れ』っていうキーワードを強く意識したようなキャラクターだし、杏里はちょっと心が壊れているキャラクターであるので、ある意味揺れ動く『人間』とは少しずれている、あくまで『キャラクター』のように思います。正臣の場合は、日常で帝人なんかに見せる姿は飄々とした『キャラクター』ですけど、その内面にある心情の揺れは、どこか共感できるところもある。まあ、その揺れ動く心の果てにちゃんと行動を出せたところは普通なかなか出来ないものなんで、それこそが彼の成長した強さというものなのだろうと思う。

 しかし、紗樹への気持ちなんかは本当に切なかったなぁ。彼女の過去のものとして、そのための代償行為をやろうとしていたのは、正臣自身も少し感じていたんだろうけれど、そういうのってどうしようもないもんなぁ。そしてそこを臨也につかれると……。ふ、ふふ、臨也。しかしテメェの思う通りには行かなかったぜ! HAHAHAHAHAッ!!

 そんなわけで、最後の正臣と紗樹の会話が無茶苦茶好きです。とくに、臨也への信仰に近い感情から抜け出した紗樹が感動もの。ベタだけどこういうのマジ好きなんですよー。ああ、この二人マジ幸せになってくれ。




 ではでは、三巻の感想でした。


スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 成田良悟

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。