スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『背伸びして情熱』 作/仙石寛子  感想

2010.02.24 *Wed
背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
(2009/04/07)
仙石 寛子

商品詳細を見る



 「わ、わかんないんだもの」






 ひさしぶりのジャケ買い。
 ジャケ買いに踏み出しただけの価値はあったと思う。ってか、先生可愛すぎ。

 四コマ漫画なんですが、描写が丁寧なので普通にストーリー物として読めます。ただ、もうちょっと読みたい、ってところで終わっているものも多いので、ちょっと悶々するかも。(そこがまたいいところではありますが)




 そんなわけで、一つ一つ感想を。





○背伸びして情熱

 表題作
 先生可愛いよ先生。
 ってか、こんな純情な女教師絶対いないって。いたらびっくりだって。なんだよこの初々しい少女は。僕の高校時代にこんなセンセーいなかったぞ。
 いや、いないからこそ楽しいんですが。

 しかし、最初に泣きだしたところとか、本当に三咲のことが好きなのかわからないで困っている姿とか、本当に可愛いです。答えを保留されてる三咲からしたらじれったいかもしれないけれど、こんな風に真剣に悩んでもらえるのはかなり幸せなことだと思う。(普通『教師として』とか考える前に、「冗談を言うな」とか「ちゃんと勉強しろ」とか言われるだろ絶対)



○桜姫

 しっかし、この作家さん、泣くシーンを描くのうまいなぁ。
 姫が泣くシーンで思わずジンとしちゃいました。そこに至るまでのテンポがちょうどいいんでしょう。
 しかし、デレた後の姫ちゃんの可愛いこと可愛いこと。母ちゃんにべったりじゃねぇか。


○お酒さん

 シュールすぎるww
 いろいろとコメントに困るお話です。
 とりあえず、お酒さんに萌えればいいのかな?


○正月早々

 お熱いねぇww
 できればこれで長編書いてほしいくらいだな。最後の最後に女の子が「よ、よ、よ、よ」って『よろしく』って言いたくても言えないところが愛おしいなぁもう。

 あと、おでこ萌え。


○お嫁さんに行っても

 百合いいよね百合。
 私が男だったらあなたを、の部分でグッジョブと思ってしまった馬鹿な男がここに←

 しかし、短くまとまってて奇麗な話だなぁと思いました。


○雨と猫

 百合の次はBL風味。
 つっても、ああ、いいよなぁ、って思うような男友達の関係。まあ、現実にあり得るわけじゃないですが、こういう友人関係はいいよな。

 しかし、オバチャンにあこがれる気持ちはわからんでもない。



○夫婦かき氷

 泣かせるなよ……。

 ディープな話を軽くやられてますが、一度目よりも二度目に読むとこれ来るものがあるわ……。せつなすぎるぜ。
 最後の夫の飄々とした感想が、何とも胸に突き刺さるっていうか、そのあとの奥さんの独白がいい感じにスパイス効いてます。
 泣き顔可愛いなぁもう。



○十五夜に、お風呂。

 兎「……ちっ」に盛大に吹いたww

 っていうか、この話、裏表紙にも一つ載ってましたけど、あれ一つだけじゃ「今夜は月がきれいですよ」がギャグにしか見えない件について。いや、シュールだなぁとか思っていましたが。(その次のコマを見ると普通に話がつながっているんですけどね)

 閑話休題的な話として一番きれいにまとまっているように思いました。



○赤くない糸

 姉ちゃん可愛いよ姉ちゃん。

 ってか、この作品に出てくるヒロインはどいつもこいつも可愛いなあチクショウ! ってかマジで自分の好みド真ん中ストレートなのでもう悶々するだけですたい。

 二人は姉弟という枠があるからこその関係で、けれど男女としての意識もしてしまっている。そういう淡い感情が心を揺さぶります。今はそうだけど、将来はきっと別の人間を好きになるよ、って自分に言い聞かせながら、それでもキスをするシーンがかなり好き。なんていうか、プラトニックな関係で悶々しているのがいいと思う。
 うーん、でも、このあと二人が体を求めあうっていう展開も見てみたい気持ちはあるんですよね。普段ならそんなことまったく思わないんですが。それこそ、『背伸びして情熱』のあの二人だったらあのまま先生と生徒という関係でプラトニックにやっている方がイメージとしては合うんですが、慎太と千冬の場合は、なんていうかその先まであった方が言いなぁと思う。っていうか、その間の葛藤も欲しいと思う気持ちが強いかな。
 正直自分がこう思うのは珍しいんですけどね。露骨な性描写なんかはあんまり好きじゃないので。ただ、やっぱり性描写があった方が映える物語ってのはあるので、そういうのがほしいなって思ったり。まあ、あそこで止めているからこそ、すがすがしく終わるというのもあるんでしょうけれど。




 そんなわけで、お勧めの一作でした。

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。