This Archive : 2011年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ディアティア』 作/かずまこを

2011.06.03 *Fri
ディアティアディアティア
(2011/05/31)
かずま こを

商品詳細を見る



 「恥ずかしいから嫌です」




 ひゃっほー。もはや漫画くらいしか更新していないダメブログ。でもそんなの関係ねぇ!(古い)

 さて。今回紹介&感想を書くのは、かずまこをさんで『ディアティア』

 『愛しく、切なく、初々しいふたりの初恋物語』と題打たれているこの作品。内容を簡単に説明すると、

 もてるんだけどとある理由で誰とも付き合おうとしない成田秋人と、親友が振られたのが納得いかないと突っかかってくる桐ヶ谷睦子。女の子の涙が苦手だった成田は、桐ヶ谷の意志の強い視線に次第に惹かれていく。一方、初めは納得のために成田に近づいた桐ヶ谷も、次第に成田に惹かれていき――


 恋愛系を扱う漫画で重要なのは泣き顔だと個人的に思っているのですが、もうこの作品ってば十二分にそれを扱ってくれちゃっています。しかも、うつむいて泣くんじゃなくて、正面を向いてのアングルが多いことに驚き。一巻という短い中で信条の動きをぶれずに描いているところが素晴らしいと思います。





 さてさて。ここからはネタバレも込みで。






 桐ヶ谷が可愛すぎてつらい。

 いや、とりあえず一話を読んだ段階で「うわ、やばいわ自分」とか思うくらいに桐ヶ谷に入れ込んじゃったわけですが、成田の回想の中での桐ヶ谷の意志の強い瞳と、そのあとに明かされる水道での出来事がもう僕の心を揺さぶる貫く。成田にかけられたなんてことない一言がその強い意志を切り崩して思わず涙をこぼさせるとか、もうどんだけたらしなんだよ成田! そして気を張っているけれどガードが地味に甘い桐ヶ谷が可愛すぎるやばい。
 だがしかし、そんなところはまだまだ前菜なのだ。前菜どころかお皿の模様のようなものなのだ。我ながら何言ってるかわからんがそういうものなのだ。本番はその直後に待っている一話のクライマックスである。
 成田の何気ない一言に、軽くショックを受けた後に本音を出しちゃって、泣いちゃっているところ見られたくないのにひきとめられたときの言葉が。

 「なんで、ひどい。泣いてるってわかったくせに! 泣いたら嫌いになるくせに!」

 ああ、その前の「…どんな人が好きなの、って」の台詞ですでにゲイボルクでもくらったような気分になっていたのに、続けてこの言葉である。もはやゴッドハンドでも追いつかないレベルに悩殺されました。
 前から言っていることですが、僕はこういう、かくしている本音がさらされる瞬間がすげー好きなんですよ。こういうのって疑似的なエロさがあると思うんですよね。官能的じゃないプラトニックな要素ではありますが、特に虚勢を張って気持ちを落ち着けている奴が、思わず本音を出しちゃったりするとか、もう……死ぬしかないじゃない!


 ってか一話の段階でこれである。なんというか感じ入りすぎだろ俺キメェな感じになっているけれどマジでこんな感じだったからシャレにならん。表紙と同じシーンが来たときなんかもういろいろ来すぎて魂抜けるかと思った

 いやお前この調子で最終話まで語るつもりか? とか思われているかもしれませんが、語っていいなら語ってもいいですよ? ただしその頃にはあんたは嫌気がさしているだろうがな。

 とりあえず語る分だけ語ることにしますが、もう成田に振られた二人がまたいい子なんよ! 美佳先輩とか振られた後だってのにあんだけ気丈に振る舞って、自分の悪かったところとかちゃんと受け止めて、それで割り切ろうとしているんだけど割りきれなくて成田の一言で思わず泣いちゃったり! そして鈴音にしても、自分のコンプレックスから告白できなくて、親友の桐ヶ谷が成田に近づいているのを知ってちょっと嫉妬しちゃったりしてそんな自分に嫌気がさしているところなんかもう!! そんでもって「私、先輩のことが好きなんですっ……」って泣きながら思いを伝えるとかもうもうもうッ!!!

 おのれらはそんなに俺を悶死させたいのか。

 そしてまた三話のラストで桐ヶ谷の感情がはっきりと動いたのが素晴らしい。それはほんの些細な心のとげのようなもので、けど確かな心情の変化。そんなわかりきった感情の正体に気付かないとかああもう桐ケ谷可愛いなチクショウ。

 しかしまあさんざヒロインのこと語っといてなんだが、話としては成田の成長も素晴らしいわけでして。そもそも一話が彼にとっては一番の転換だったわけだけど、女の涙が苦手で、正面から向かい合うことができなかった彼が、桐ヶ谷の涙をぬぐったことでそのトラウマを克服して、なおかつそれから二人もの女の子の涙を直視するわけですよ。自分がふった女の涙を。いやもうそれどんな拷問だよと思うような漢字だけど、それをちゃんと受け止めたからこそ、彼が四話のラストで自分の気持ちを形にできたわけで。
 あのカラー二ページは卑怯だよなーほんと。やべぇよあの空気。絶妙すぎんぜ間が。ついに行ったああああああああああああああああああって思わず心の中で叫びつつ、もう逝ったああああああああああああああって感じでしたね。成田がんばったぜ。持てる癖にそういう恋愛ベタなところ好きだぜ!

 そし手最終話は桐ヶ谷の心の整理。もうこん時の美佳先輩と鈴音がマジでいい子すぎる。何もかも見通したような美佳先輩の「私にそんな風に言わなくちゃいけないことがあったの?」って台詞にゾクっと鳥肌立って、引っ込み思案な鈴音が桐ヶ谷から聞き出したことに怒って怒鳴るところはマジでよすぎた。もう王道も王道でわかりきった展開なのにそれがあまりにもきれいに描かれているもんで、もう西織さんのライフはダイレクトアタック食らいまくりですよ。もうやめて僕のライフはもう〇よ!

 だってのに、往来で告白合戦とかよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

 萌え死ぬかと思った。



 しかし、本編でこれだけ盛り上がれたんだから、もう後日談とかニヤニヤして終わりのほのぼのだろうなーくらいの感覚で見たわけですが。


 マイディア1
 「やっぱりそのうちキスとかもしたいです」

 
 マイディア2
    ち  だッ  バタバタバタバタバタ ……… ガラガラガラ

 「秋人先輩。来ましたよ」



97d71cdd.gif


 ベッドの上で三回転半くらいしながら今日はここまで。

 ……そしてとあるサイトさんのパクリな終わりで申し訳ないです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。