This Archive : 2010年09月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ストーリー・セラー』 著/有川浩

2010.09.29 *Wed
ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る



 「どこまでだと思います?」




 もはや月一ペースくらいの更新になっていて申し訳ないです。うん、読んだものはいくつかあるんだけどね。なかなか書く気になれないと言いますか。このままじゃ一生書かないかもしれないので無理やりに一冊。

 というわけで、有川浩のストーリー・セラーです。もともとは同名の雑誌に掲載されたもので、それに修正、さらにsideBを書き下ろしで単行本と相成りました。掲載雑誌の趣向として、複数の作家に競作させるというコンセプトの中、もうあなたがナンバーワンですと言わんばかりの破壊力を持ってかっさらっていった作品が遂に単行本ということで、一度読んでいるにも関わらずsideAですらも最初から読みましたよ。


 とりあえず簡単に感想を言うと、有川浩の悪いところもあるけれどいいところがぎっしり詰まった物語、という感じです。個人的に有川さんの作品は、ベタ甘もいいけど、えぐってくるような辛辣さがあるほうが面白いと思うので、特にsideAは雑誌掲載時から大好きでした。






 ではでは、ここから下はネタバレありの感想。








○SideA
 こっちの感想は主に雑誌掲載時の感想とかぶる部分があるんですが、とにかくベタな話が勢いで押し切られる感じの物語です。

 特に自分が有川浩を見直したのがこれでして、親族のドロドロとした問題をこういう風に表すか!と寒気がする思いでした。さすがにここまでひどい父親はなかなかいないとはおもいますが、居てもおかしくないな、と思わせてしまうような迫力。この辺は雑誌のStorySeller2の方に掲載された別作品でさらに昇華されている部分でもあるんですが。いやはや、有川浩、ただのラブコメ書くだけの人じゃないな、と真剣に思いなおした話です。
 あと、彼女が狂っていく描写もなかなか。こういうのをかけるからこそ、有川さんは作家として一定の地位を確立しているんだと思います。

 そして、何時も通りのベタ甘な要素も入っていると。ただ悶えるというよりは気恥ずかしいような要素の方が多いように思いますね。その辺が有川浩のいいところでもあり悪いところでもあると思うんですが。最後の『あなたがすき』の連打にしても、物語への入り込み具合で180度感想が変わってくる部分だと思う。

 ちなみに、単行本版での『あなたがすき』連打は、できればページを考えてほしかったかな……。あれは次にページをめくったら……っていうのがいいと思うので。そういった意味でちょっと残念だったかな。




○SideB
 さて、こっちは書き下ろし。
 最初1ページ目ですべてを台無しにするような会話がされてて「ちょww」とか思ったんですけど、それがちゃんと後半に効いてきてよかったなぁと思います。っていうかあの会話は単体で見ると、マジで台無しにしか見えん……。

 とりあえず話としては、二人の出会いとかその辺が、小説らしい出会いでありながら、惹かれあい方は妙にリアルなところがやっぱり好み。っていうか、実際近くに自分がファンの小説家がいたりしたら、自分も質問攻めにするだろうなぁ。そしてしゃべりまくった挙句にハッと我に返るという。しかし、彼の場合は随分と自制がきいているというかなんというか。ちょっと彼に関しては人間が出来過ぎているかなぁ、と思わないでもない。

 事故の後、話が二転三転するところが見どころというか、すなおにうまいなぁと思いました。単純に救われるでもなく、単に失ってしまうでもなく、結果を示さないまま逆夢を夢見続ける。この読後感が何とも言えなくていいんですよ。
 あれですね。泣けはしないけれど、すっと胸に落ちてくる話。そういう風に僕は思います。内容としては泣かせようとするようなエピソードではあるんですが、物語が『彼』と『彼女』の二人の内側で完結しているので、どちらかというとその姿を遠くから眺めている感じがするんです。そのあたり、sideAにしても同じなんですけど、キャラクターに名前をつけずにただ『彼』と『彼女』にしたのは、特定の何かに感情移入するんじゃなくて、ただ淡々と二人の物語を見てほしかったんじゃないかなぁ、とちょっと考えたりしました。





 そんなわけで、ストーリーセラー。女流作家とその夫の物語二編。ごちそうさまです。

 出来ることなら次はヒトモドキを単行本化してほしいなー、とか希望を言ってみたり。いや、あっちはぶっちゃけ感動要素零の鬱物語な上に今回みたいなsideBなんて真似は難しいだろうけど、あれ何気に好きなんですよ。人間の感情というか恐ろしさを書くときの有川さんが個人的には一番すごいと思う。そんなこんなで、今回はここまで。





スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 有川浩

『フルメタル・パニック ずっとスタンド・バイ・ミー 上・下』 著/賀東招二

2010.09.01 *Wed
フルメタル・パニック!11  ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)
(2010/07/17)
賀東 招二

商品詳細を見る


フルメタル・パニック!12  ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)
(2010/08/20)
賀東 招二

商品詳細を見る




 「イキナサイ」






 というわけで、ついに完結しました。フルメタルパニック。ああ、長かった。もう前に話忘れてしまっているんじゃないかってくらい長かったけど、漫画版のシグマのおかげでなんとか覚えていたよ。そしてあいつはマジ台無しだよ。素晴らしい台無し加減をありがとう。そして大団円を迎えてくれてありがとう賀東さん。


 実は読むのはもう少し後になるかなぁ、とか思っていたのですが、帰省するときに衝動的に買ってしまいました。うん、そして本はそのまま弟に譲ったので、今手元にない。けど、まあほとんど勢いだけの感想になるだろうし、別にいいかなぁと思っている。





 そんなわけで、ネタバレありの感想。







 とりあえず、全編通して一番言いたいのは、カリーニンさんのことですよ……。

 彼の目的が明かされた瞬間、思わず泣いてしまいました。いや、あれは泣きますよ。確かに予想はできる動機だったかもしれないけれど、それでも不意をつかれた感じでやばかった。とくに「お前には才能がない」のくだりから明かされていく想いがつらすぎる。
 宗介の「親父なのに!」っていう恨みごとから、「親父だからだ」という受け答えがきつい。カリーニンはずっと宗介のことだけを思って、悔やんで、どうにかしてやりたいと思っていたんだろうと思うと本当に……。たとえそれが現在の宗介を否定することになっても、それでも相良宗介という人間が幸せになれる道があるんなら、そちらの方を選びたいという思い。多分作中で一番のエゴなんだろうけれど、だからこそあの下りは素晴らしかった。

 そして、その親の思いを乗り越えて、ちゃんと自立していくという過程がまた燃える。

 最後の最後で宗介とカリーニンの戦いを持ってきたところがそもそも熱い展開ですよね。レナードとも確かに確執は多かったですが、想いの強さという意味ではやっぱりこっちだもん。つーか本当に、最後の「イキナサイ」に鳥肌が立った。自立して自らの道を行く息子への、最高の言葉だよ。


 それと、やっぱり核が直撃する直前の宗介の叫びかなぁ。生きたい、っていう強い気持ちを吐露した時の宗介が、それまでの彼からすると本当にすごい成長だよ。かつてのクラスメイトからのメッセージだけでも見せてくれ、という必死な気持ちが最高。そしてそのあとのアルの行動もまたね。
 アルにしても、やっぱいいキャラしているよなぁと思う。サックスの死の時の反応もゾクっと来たけど、これまでの人間らしい伏線はずっとこのためだったのか。ほんと王道だけど読ませてくれる演出だったわ。


 そして、特出するべきとしてはやっぱりラストシーン。見事にボーイミーツガールとして仕上げてくれたラストでしたが、あのイラストの挿入の仕方もまた素晴らしいよね。宗介の「君がいれば武器はいらない」っていう台詞も、最後の最後に出すからこそ興奮が半端ない。いろいろあったけれど、この2人で〆たおかげでちゃんと終わったんだなぁと思えた気がする。


 うん。そんなところかな。



 あとはこまごまとしたことになるので、箇条書きで。ってか全部語ってたらどんだけ長くなることやら。


・テッサ可愛いよテッサ
・もうね、読む前はテッサさえ生き残れば全員全滅してもいいとか思ってたくらいテッサに幸せになってもらいたかった。
・最後のあいさつのところでこけるテッサ可愛い。
・おざなりな態度になったテッサもまた可愛い。
・もうテッサの話題しか出ないかもしれないって思うくらい上巻読んだときはテッサテッサ言ってた。
・とりあえず、トゥアハー・デ・ダナンに別れを告げるテッサが切ない。
・よし、テッサの感想終わり。
・クルーゾーさんの死亡フラグ立てまくりにすっげードキドキした。彼の後日談は読みたい。
・すべてを台無しにしてくれたクルツに乾杯。このことを伝えるのをためらうレイスがなんか可愛かった。
・ってか漫画版なんてクルツ追悼式みたいな感じでやりなくっていたのに大丈夫かよ……。
・ミスリルの面々全員が台無し発言していたのでとりあえず赦す。
・マデューカスさんが地味に目立っててかっこよかった。この人こんなに熱い人だったっけ?
・宗介のかなめへの恨み事と、かなめの宗介への罵倒が面白かった。やっぱこの2人はこういう感じが一番だよね。
・ってか宗介の恨みごとの方、やっぱこいつもちゃんと考えてたんだなぁと思うといろいろ反応が面白く感じる。
・しかし、レナードについて語ろうと思うのだが、何も思いつかない件。
・まあ、影薄かったしね。
・それよりやっぱテッサ(ry





 なんか忘れている気もするかもしれないけれど、とりあえず自分は箇条書きの意味を調べなおすべきだと思う。

 ……うん、なんか調子乗ったらこんな風になっちゃったんだよ。仕方ないジャマイカ。


 そんなわけで、ちょっと語り足りない気もするけれど、まあこの辺で終えておきましょう。
 短編集を楽しみに待ちつつ、面白い物語を読めたことに感謝してこの辺で。




COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 賀東招二

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。