This Archive : 2010年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『猫物語(黒)』 著/西尾維新

2010.07.30 *Fri
猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)
(2010/07/29)
西尾 維新

商品詳細を見る



 なってくれないんだ――私のヒーローに。
 なってくれないんだ。





 はいというわけでまたしても期間があいてしまいましたがそんなの関係ねーとりあえず西尾維新の新刊が出たら絶対更新するから気にするな!!

 というわけで、猫物語(黒)をお送りします。物語シリーズでも最初の方からずっと語られていた、ゴールデンウィークの怪異。羽川翼が猫に魅せられた物語。西尾さんが羽川さんがひたすらつらい目にあう物語、という風に公言していた話がとうとう世に出たわけです。






 まあ、とりあえずはネタバレありなので少しあけます。









 さてさて。猫物語ですよ。
 とりあえず西尾さんはダークな話というかキャラをいじめるのに関してはかなり容赦ないので、個人的にすごく楽しみにしていたんですが、後半は確かにその期待を裏切らない出来だったと思います。

 猫に魅せられて、そして猫をかぶった少女の話。

 とにかく切ないのが、彼女は彼女のままの意思で、周りの人間に八つ当たりをしていた、っていうことですよね。これまでの既刊五巻では、障り猫という無意識の衝動によって行動していたと思うように書かれていましたが、なんのことはない、無意識で行ったのは最初の両親くらいで、あとは全部彼女自身が自分で考えて行動していたわけです。
 どんな気持ちで。
 どんな思いを抱えて。
 完璧すぎる彼女が、完全であろうと自分に律していた彼女が、そういう不完全な自分が存在するいいわけに障り猫を使ったわけです。責任転嫁の対象すらも自分というところに目をつけるべきか、はたまたそういうずるがしこいところが人間臭いと思うべきか。
 忍野なんかは散々「彼女は気持ち悪い」と言っていますが、実際はたから見たらそうなんでしょうけど、それでも彼女の心の中身はどうしようもないくらい『人間』なんですよね。ただ異常なまでに自分を律することができたが故に、その人間らしい思いが外に出ない。むしろ、外に出た時が意外に感じてしまう。そんな自分に拘束された十五年間というのは、確かに地獄そのものでしょう。

 まあ、そういった言い分すらも、羽川さんのいいわけにすぎない、とも言えるのでしょうけど。

 結局、彼女はちゃんと本音を出すべきだったんですよね。正しくなければならない、という風に追い込まれたのは彼女が被害者だったと言えるかもしれないですけど、そこから自分の意思で正しくあろうと必要以上に思い続けたのは、ある意味で周囲への加害者です。とくにその影響のほとんどを受けたのは彼女の両親で、確かに、自分の欠点を残さずさらけ出してしまうような存在が毎日そばにいるとなったら、気がくるっても仕方がないと思います。
 もしこの不幸を回避することができるとすれば、もっと家族としてのつながりが強ければよかったんだろうなぁ、と当たり障りのないことを考えてみたり。それこそ、義理の父母義理の娘の関係であっても、きちんと親子関係が結べていたとしたら。ちゃんと両親が彼女のことを叱ってやれたら、こんなことにはならなかっただろうな、と。まあ、そうなるには、あまりにも羽川さんの意思は強固すぎて、両親の心は弱かったんでしょうけれど。


 本音を出すべきだったと言えば、阿良々木くんに対してもそうです。本編ですでに結果が出ちゃっていることではありましたが、彼女はちゃんと好きだって気持ちをもっと早く伝えるべきだった。助けてって言葉を、もっと素直に言うべきだった。自分のことは自分で解決しなければならない、という正しさに縛られていたからこそできなかったことではあるでしょうが、それでも彼女は、欲しいものは欲しいと、ちゃんと言わなきゃいけなかったんです。
 ヒーローになってくれないんだ、とつぶやきます。
 冒頭でも引用したこの独白が、痛いほど彼女の本音を示していると思います。
 彼女は、彼に助けてほしかった。
 他の誰でもない、自分を助けてくれると期待できる彼に、救ってほしかった。
 けれど助けを求める気持ちというのは、ちゃんと口に出さないと伝わらないんです。

 阿良々木暦は、ヒーローではない。彼はただ、自分にできることをしようと思っているだけ。それが及ばないからこそ毎回何かしら痛い目にあっているし、そして裏目に出ることも多い。けれど、そんな精神性を最後まで頼りにしていた羽川さんの狡猾さこそが、今回の話で一番のすれ違いなんだろうなと思います。

 ぶっちゃけ、彼と彼女の初恋は、本当なら実ったはずだと思うんですよ。
 羽川さんが自分に素直に生きて、もっとわがままに本音を吐いて、『完全』である自分を脱ぎ捨てたなら、阿良々木くんは自然と、彼女を一人の女の子として好きになったんじゃないかと思います。
 相手に惚れさせようとする羽川さんのずる賢さ。正しくあらなければいけない、というものとは別に、いい自分を見せたいと思う虚勢。そういう風にしかアプローチできなかったという不幸もありますが、その結果阿良々木くんから見た彼女は、『人としての理想像』でしかなかった、というわけです。
 女の子としてなんて、見れなかった。
 偶像崇拝にも似た、愛の形。
 彼女のことを救うなんておこがましい、とすら阿良々木くんなら思うでしょう。
 つくづく、すれ違い続ける二人だと思います。


 しかし、もう結果は出ちゃっているとはいえ、阿良々木くんにとことんまで救ってもらえなかった羽川さんは、どうなるんだろうなぁ。偽物語以降で彼女がどういう思いを抱えているかは、あまり描写されていませんし。次の(白)では、その辺を補完してくれるのかどうかが楽しみです。




 さて。とりあえず真面目な感想になりました。
 こうなった理由も、ぶっちゃけ前半がマジでひどかったというか、正直見るに堪えなかったというか……。いや、本気で今回はページ閉じかけた。月火ちゃんとの会話は正直しつこい。うーん、面白いところもあるにはあったけど、なんかもう不謹慎としか言いようのないレベルのネタがかなりあったからなぁ。
 あ、「中学女子に乙女なんていねー」って台詞だけは死ぬほど笑った。

 なんかなー。確かにかけ合いがあるからこその物語シリーズだとも言えるんでしょうけれど、ストーリー一本でも十分通用するだけのものがあったと思うんですよね。とくに、羽川さんの家に不法侵入してから逃げ帰った後のシーン。あそこ、マジで鳥肌立つくらいシリアスモードだったのに、突然ギャグモードになって唖然となったと言いますか。うーん、愚痴言っても仕方ないとは分かっていますが。


 物語シリーズ続行ということで、もう正直この世界はこれ以上広がらねーだろ!とか思う気持ちもありますが、話としてどういう風に持っていくのかは気になります。できることなら、これ以上世界観を崩さないように。ギャグパートでのキャラ崩壊が本当に見ててつらいんですよ西尾先生……。


 そんなわけで、最後は愚痴になってしまいましたが、プラマイゼロむしろプラでした。羽川さんの気持ちが切ないぜ。そしてキャラをいじめる西尾維新はほんとうに生かしている。そんな一冊。



スポンサーサイト
COMMENT : 4
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 西尾維新

『とある自販機の存在理由(ファンファーレ)』 著/成田良悟 原作/鎌池和馬

2010.07.20 *Tue
とある科学の超電磁砲 5 特装版―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 5 特装版―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
(2010/06)
鎌池 和馬

商品詳細を見る





 「お前、なかなかの根性だな」





 ひと月以上放置申し訳ありませんでしたー!!


 いえ、もう何といいますか、本の感想を書くのが億劫というレベルに来てしまっていたので……。これから少しずつリハビリしていこうと思います。うん。


 というわけで、とりあえず復帰ということで、軽い奴を。漫画の感想――ではなく、特装版についている成田良悟さんの寄稿小説の感想をやりたいと思います。




 とある自販機の存在理由(ファンファーレ)というタイトルから、もう何と言いますか着眼点からして成田さんすげー! ってなって、さらにはあの木原さんの一族の一人を書くとか言ってさらに成田さんパネェとか思ったりして、そんでさらにさらに、その木原一族がなんと金髪ポニテロリだと分かって成田さんの頭パネェとか思いっきり叫んだり、そしてさらに読み進めるとすぐにナンバーセブンが出てきたりしてもう成田良悟あんた神だよと絶叫したりして。




 まあ、なんです。とにかくこの話で分かったことは、成田良悟はすごいということと、成田良悟の書くロリキャラはやっぱり可愛いということです。



 うん、しかし、木原一族については事前情報があったんで驚かなかったですけど、まさかナンバーセブンを出すとは……。はっきりいって本編の方でも登場がSS2の一回だけで、しかも能力がジョーカー扱いされている彼を書こうと思った成田さんに脱帽です。あんたすげぇよ。しかもあんま違和感なかったし。
 ほんと読み始めて三ページ目でレベル5同士が交戦とか言い始めてビビりましたよ。もう成田さんは二次創作の限界に挑戦するつもりに違いない。二次創作でしかできないような破天荒な展開でありながら、それでも本編に全く支障が出ない程度に収めているところがすごいよなぁ。ってか、それどころか本編の世界をさらに補完するような漢字になっているし。もう成田△(さんかっけー)


 あとはあれですよ、なゆたちゃんかわいいよなゆたちゃん。
 もう、なんでこう成田さんの書くロリッ子は僕の心をつかんで離さないんだろうか……。バッカーノのチェスもリーザも、デュラの茜も。この子マジで一途すぎて心が苦しい。チャイルドエラーの子たちの境遇をしっかりと認めながら、それでも自分はあの子たちのために戦うんだ、っていうその心意気に全俺が涙ですよ。削板風にいえば根性ですよ!

 っていうかちゃんとレールガンの設定に沿ってなゆたのキャラ作っているところがすごいよなぁ。よくもまあこんな背景を作れたもんだ……。ってか、最初木原一族って訊いた時に、てっきりもっとブッ壊れたやつが来ると思ってたのに。そのギャップこそがこのキャラの魅力か……。


 そんなこんなで、もう「成田良悟パネェよ」という感想以外が出てこない作品でした。この人ホント頭のねじの締める場所が違うんじゃないだろうか。作品世界の設定を十二分に使って書けるっていう人はなかなかいないと思う。


 ではでは、復帰一つ目の感想はこの辺でおしまい。次はそれほど時間を明けないようにがんばるよ。


COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 成田良悟

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。