This Archive : 2010年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『丸太町ルヴォワール』 著/円居挽  感想

2010.02.28 *Sun
丸太町ルヴォワール (講談社BOX)丸太町ルヴォワール (講談社BOX)
(2009/11/05)
円居 挽

商品詳細を見る



 「それでは、マドモワゼル・ルージュ。オ・ルヴォワール……」



 お勧めされたので読んでみました。

 ……正直序盤はかなりつまらなかったんではずれかな―、とか思ってたんですが、半分超えたあたりから無茶苦茶面白くなってきまして。次第に心の中の中学生が目覚めたといいますか、全体からにじみ出る臭さが全然気にならなくなり、また次々に出てくるどんでん返しが楽しくて仕方なかったです。
 やばい。講談社BOXなめてた。すげー面白いもんもあるじゃないか。

 まあ、ところどころそりゃねぇだろと思うような展開もありはしますが、ちゃんと理由あってのものが多いので軽くスルーした方がいいです。ってか、スルー耐性さえあれば、本当に面白いですよこいつは。





 そんなわけで、こっからはネタバレあり。







 とにかく、見どころは後半の双龍会でしょう。
 序盤の伏線張りも、あとから見直すとかなり練られてて驚くのですが、あそこはちょっと臭さが鼻についてどうも入り込めなかったんですよね。けれど、序盤でこの文体とキャラクターに慣れたからこそ、後半の怒涛の展開が楽しめるように思います。

 ああ、しかし思い返すだけでもすげぇとしか言いようがない。そりゃあ、気づく奴はすぐ気付くようなネタかもしれませんけど、自分みたいに何も考えずに読む人間は次から次に明かされる事実と、相手の論をひっくり返すためだけの暴論に笑ったり驚いたりするしかありません。ってか、とくに達也が出てから一発目のひっくり返しが本当にナイスだった。へ理屈も使いようなんだなぁとしみじみ思いますよ。
 しかし、細かいネタもいいんですけれど、何より登場人物の力関係と言うか、魅せ方がうまいんだよなぁ。実力を見せる場面が完全に計算つくされている。無駄な弁を出して場を濁したりせず、そのキャラにとって一番映えるシーンで一気にたたみかける。大和の暗殺剣とか、落花のルージュの演技の場面とか、ちょっとした鳥肌でしたよ。(まあ、あの長口上が気になったら一瞬でおじゃんなわけだが)
 あと、一番驚いたのは大和=撫子です。これは本気でやられた。かなり伏線張っててきわどいところまで表現してくれてたのに、ものの見事にだまされましたよ。双龍会でもかなりの頻度で撫子の表情の描写していたし、双竜会中は龍師としての立場の場合はかなりの頻度で号の方の名前を描写するようになっているし。そして、一番危険なのは女子トイレ前のあれだよな。流の性別トリックに目を奪われすぎて完全にあそこスルーしてたわ。そうだよ、一回性別トリックが行われたら、もう一回あることを疑わない方がおかしいわ。
 そして、そこから撫子=ルージュへの流れも鮮やかなんだよなぁ。撫子の性格を丁寧に描写していたから、最後の最後にどんでん返しが見事に決まっていました。もうあの辺は次が気になって仕方がないって感じでしたね。


 いやあ、しかし楽しかった。
 小説で心理戦ってのはなかなか難しいものですが、これはうまかったなぁ。ちゃんとした議論の流れの中に巧妙にネタを仕込んでいるわけですし。この人の次回作がすごく楽しみです。

 惜しむらくは、名前のセンスとかだなぁ。まあ、心の中の中学生を目覚めさせればノリノリに慣れるかもしれないですけど、せめてテンションが高い名前は号だけにしてほしい。ってか、文中だと読みにくいんだよこの手の名前は。『時代』とか『論語』とか、名詞なのか名前なのか一瞬分からなくなっちゃうし。
 あと、ところどころ状況が分かりにくかったり、誰がしゃべっているのかわかりにくいところがあったので、そういうところは次回作に期待ですよね。


 そんなわけで、楽しかったです。




スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 円居挽

『背伸びして情熱』 作/仙石寛子  感想

2010.02.24 *Wed
背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
(2009/04/07)
仙石 寛子

商品詳細を見る



 「わ、わかんないんだもの」






 ひさしぶりのジャケ買い。
 ジャケ買いに踏み出しただけの価値はあったと思う。ってか、先生可愛すぎ。

 四コマ漫画なんですが、描写が丁寧なので普通にストーリー物として読めます。ただ、もうちょっと読みたい、ってところで終わっているものも多いので、ちょっと悶々するかも。(そこがまたいいところではありますが)




 そんなわけで、一つ一つ感想を。





○背伸びして情熱

 表題作
 先生可愛いよ先生。
 ってか、こんな純情な女教師絶対いないって。いたらびっくりだって。なんだよこの初々しい少女は。僕の高校時代にこんなセンセーいなかったぞ。
 いや、いないからこそ楽しいんですが。

 しかし、最初に泣きだしたところとか、本当に三咲のことが好きなのかわからないで困っている姿とか、本当に可愛いです。答えを保留されてる三咲からしたらじれったいかもしれないけれど、こんな風に真剣に悩んでもらえるのはかなり幸せなことだと思う。(普通『教師として』とか考える前に、「冗談を言うな」とか「ちゃんと勉強しろ」とか言われるだろ絶対)



○桜姫

 しっかし、この作家さん、泣くシーンを描くのうまいなぁ。
 姫が泣くシーンで思わずジンとしちゃいました。そこに至るまでのテンポがちょうどいいんでしょう。
 しかし、デレた後の姫ちゃんの可愛いこと可愛いこと。母ちゃんにべったりじゃねぇか。


○お酒さん

 シュールすぎるww
 いろいろとコメントに困るお話です。
 とりあえず、お酒さんに萌えればいいのかな?


○正月早々

 お熱いねぇww
 できればこれで長編書いてほしいくらいだな。最後の最後に女の子が「よ、よ、よ、よ」って『よろしく』って言いたくても言えないところが愛おしいなぁもう。

 あと、おでこ萌え。


○お嫁さんに行っても

 百合いいよね百合。
 私が男だったらあなたを、の部分でグッジョブと思ってしまった馬鹿な男がここに←

 しかし、短くまとまってて奇麗な話だなぁと思いました。


○雨と猫

 百合の次はBL風味。
 つっても、ああ、いいよなぁ、って思うような男友達の関係。まあ、現実にあり得るわけじゃないですが、こういう友人関係はいいよな。

 しかし、オバチャンにあこがれる気持ちはわからんでもない。



○夫婦かき氷

 泣かせるなよ……。

 ディープな話を軽くやられてますが、一度目よりも二度目に読むとこれ来るものがあるわ……。せつなすぎるぜ。
 最後の夫の飄々とした感想が、何とも胸に突き刺さるっていうか、そのあとの奥さんの独白がいい感じにスパイス効いてます。
 泣き顔可愛いなぁもう。



○十五夜に、お風呂。

 兎「……ちっ」に盛大に吹いたww

 っていうか、この話、裏表紙にも一つ載ってましたけど、あれ一つだけじゃ「今夜は月がきれいですよ」がギャグにしか見えない件について。いや、シュールだなぁとか思っていましたが。(その次のコマを見ると普通に話がつながっているんですけどね)

 閑話休題的な話として一番きれいにまとまっているように思いました。



○赤くない糸

 姉ちゃん可愛いよ姉ちゃん。

 ってか、この作品に出てくるヒロインはどいつもこいつも可愛いなあチクショウ! ってかマジで自分の好みド真ん中ストレートなのでもう悶々するだけですたい。

 二人は姉弟という枠があるからこその関係で、けれど男女としての意識もしてしまっている。そういう淡い感情が心を揺さぶります。今はそうだけど、将来はきっと別の人間を好きになるよ、って自分に言い聞かせながら、それでもキスをするシーンがかなり好き。なんていうか、プラトニックな関係で悶々しているのがいいと思う。
 うーん、でも、このあと二人が体を求めあうっていう展開も見てみたい気持ちはあるんですよね。普段ならそんなことまったく思わないんですが。それこそ、『背伸びして情熱』のあの二人だったらあのまま先生と生徒という関係でプラトニックにやっている方がイメージとしては合うんですが、慎太と千冬の場合は、なんていうかその先まであった方が言いなぁと思う。っていうか、その間の葛藤も欲しいと思う気持ちが強いかな。
 正直自分がこう思うのは珍しいんですけどね。露骨な性描写なんかはあんまり好きじゃないので。ただ、やっぱり性描写があった方が映える物語ってのはあるので、そういうのがほしいなって思ったり。まあ、あそこで止めているからこそ、すがすがしく終わるというのもあるんでしょうけれど。




 そんなわけで、お勧めの一作でした。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画日記

『V.T.R』 著/辻村深月  感想

2010.02.20 *Sat
V.T.R. (講談社ノベルス)V.T.R. (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
辻村 深月

商品詳細を見る



 一人ぼっちにならないで。アタシはあなたを愛している。




 チヨダ・コーキの鮮烈なるデビュー作!

 というわけで、『スロウハイツの神様』のスピンオフになります。
 思い切ったことするなぁ、辻村さん。と思いましたが、本人も結構楽しんで書いているところは見え隠れしたので、無茶振りと言うわけではなかったようです。
 ……しかし、ほんと小ネタがすごいみたいです。感想あさってて知ったんですが、これチヨダコーキがデビューしたとされる日にちがなんとドラえもんの誕生日と言うね。他にも色々あるみたいなので、探してみるのも手かもしれません。






 ではでは、ここから下はネタバレあり。









 とりあえず、スピンオフとしてみた場合はかなり楽しめる内容になっています。
 ああ、コウちゃんはこんな作品でデビューしたのかぁ、と思うと、思わずスロウハイツを読み返したくなる感じ。確かに、スロウハイツで語られていたチヨダ・コーキの要素が垣間見れる内容でもありますしね。



 ただ、作品単体としてみた場合、もうちょっと長さがほしかったなぁ、って感じ。
 すくなくとも、ティーとアールの過去の話はもう少しあった方がよかったと思うのだけれど、どうだろう。結局のところ、この話の根本にあるのは二人の愛の絆なのだけれど、そこがあまりピンと来なかったなぁというのが率直な感想。
 まあ、その辺の甘さを架空の作家のデビュー作ということでわざと作ったというのなら、辻村深月の作家としての懐の深さが垣間見れるところかもしれないけれど。他にも、設定の甘さとかはわざと作っているようにも思うけれどね。うーん、しかし、コウちゃんならもうちょっと突き詰めたんじゃないか、と思ってしまうところがあったり。でも、考えてみたらスロウハイツの神様で出てきたチヨダ・コーキはすでに大成してしまっているのだからそう思うだけで、デビュー作はそうしてみると甘いものかもしれないですね。

 あと、ティーの一人称の描写がどこか無理している感じがしていました。チャラ男? 情けないヒモなら、もうちょっと自嘲気味で、それでいて現状に酔っているような一人称だったらよかったのに。まあ、それは読み進めていくうちに違和感なくなっていったんですが。
 ……しかし、表紙のティーがイケメンすぎてむかつくなぁ(笑)



 あ、ちなみに、叙述っつーかオチは普通に読めました。
 まあ、確証はなかったんですけど、Jの銃を置き忘れたって話の時に、多分そうだろうなぁと思ったらその通りだったので、そこまで驚かなかったり。そのかわり、地味なところ(キディちゃんなんか)は、なるほどと納得しましたし。時系列なんかはうまく練られているなぁと読み返しながら思いました。(でも、冷静に考えたらJの家族殺したときの年齢とかって無理が……)
 オチにしてもなぁ。あまりトランス=ハイについて描写しすぎるとぼろが出るからかもしれないけれど、もうちょっと情報公開してくれたら深みますと思う。とくに女は殺さない理由については、なあなあなままにしないでほしかったかも。


 とりあえず、いろんな人間に会う中で、ティーとアールの二人から視点をそらさずに見ることができたら、最後のティーの独白が見事にくると思います。





 そんなわけで、内容としては面白かったので、もしよかったら、今後もチヨダブランドを書いてもらいたいものです。どうせなら、スロウハイツの神様の冒頭で問題になったレベルのものとか、レディ・マディとか。ただ、長期連載ものだとちときついものがあるか……。


COMMENT : 2
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 辻村深月

『プールの底に眠る』 著/白河三兎  感想

2010.02.14 *Sun
プールの底に眠る (講談社ノベルス)プールの底に眠る (講談社ノベルス)
(2009/12/08)
白河 三兎

商品詳細を見る



 「いつまでも読んでいたかった」――辻村深月




 第42回メフィスト賞受賞作
 辻村深月さんのコメントがあまりにもぴったり過ぎたので、引用もそこから。
 いや、ホントこの推薦コメント以上の感想が出てこないくらい、雰囲気に酔える小説でした。(逆に言うと酔えない人は全く楽しめないわけだけれど)
 在りし日の青春の空気に酔いたい人必見。






 そんなわけで、下からネタバレあり感想。







 まあ、ぶっちゃけ雰囲気以外は微妙と言っても仕方ないですけどねー。

 話の本筋と言いますか、オチとなるところなんかは流れとしては正しいんですが、説得力が少し足りない気もします。セミと加藤みらいの人格のブレなんかは唐突で、読者が首をかしげている間にいきなり時系列が現在に戻るって感じでしたし。
 いろんな要素をバラバラに公開していくという形も、少しずつ真相がわかって言って面白くはあったのですが、その真相自体にどんでん返しのような魅力がないところがもったいないなぁ。ミステリーを期待して読む人はちょっとがっかりするかも。


 ただ、そういうマイナス点に目をつむって、ただ読んでいるときの雰囲気を大事にすると、とても良い時間が送れる気がします。
 うーん、なんだろうな。話の流れなんて僕は本当にどうでもよくて、ただ作品の雰囲気に酔ってただけなんですよね。だから最後のオチも、個人的にはすとんと落ちてきましたし、読んだ後に「ああ、楽しかったなぁ」とぼうっと思ったんです。
 派手な魅力はないけれど、地味な淡々とした物語が紡がれる。メフィスト賞としては珍しい形に思いますが、こういうのはかなり好みです。何の身にもならないけれど、ただ味わうだけで十分な感じ。シャワーをさっと浴びて汗を流すのではなく、ゆったりと湯船につかっている感覚とでもいいましょうか。とにかく落ち着いた読書時間でした。

 まあ、だからこそ、もっと盛り上がりがほしかったと思う面もあるんですが。しかし短いページ数で濃厚な時間が過ごせました。



 ……ってか、こういう文章すげーあこがれるんですよ。自分でも書けるようになりたいなぁ、このさりげない文章。



 ちなみに、主人公のへたれが嫌だというコメントが多い作品ですが、ぶっちゃけそんなところ気にしているような読者には最初から合わんと考えた方がいいです。うん、ぶっちゃけ主人公が過大評価されることなんて作品ざらにありますからね。






 そんなわけで、次回作にかなり期待な作家のデビュー作でした。


COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 白河三兎

『Story Seller2』 編/新潮社ストーリーセラー編集部

2010.02.05 *Fri
Story Seller〈2〉 (新潮文庫)Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
(2010/01/28)
新潮社ストーリーセラー編集部

商品詳細を見る





 面白い話再び、売ります。





 新潮社企画の、日本人作家の読み切り作品アンソロジー第二弾。元は雑誌だったものがはれて文庫化です。

 去年もそういやこの時期に文庫化してたなー、とふと思いました。うーん、文庫化のために雑誌の方はわざと読まなかったんだけど、一年近く待たされるのか。次のvol3はどうしようか悩みどころ。


 まあ、それはいいとして。今回も前回と同様に楽しませてもらいました。ほとんどの作家が前回とは少し違った趣向で攻めてきているので、新鮮に読むこともできましたし。(まあ、その分インパクトは薄かったですが)



 そんなわけで、ここから先はネタバレありです。







○『マリーとメアリー ポーカーフェイス』 著/沢木耕太郎

 最初、普通に小説と思って読んでいたんですけど、これエッセイだったんですね。
 話としての盛り上がりがある話ではなかったですが、不思議とひきこまれる文章でした。

 ブラッディ・マリーというカクテルの名前からいろいろな話が展開される。カクテルの名前なんか一つも知りませんが、こういう名前の由来を探っていく話は面白いな。軽いネタにもなりますし、少し興味深いなと思いました。



○『合コンの話』 著/伊坂幸太郎
 男は合コンに参加する。約二時間のごく普通の合コンだった。楽しい会話とはっとする出会いがあるものの、人生は変わらない。もちろん、世界も変わらない。


 少しずつ浮かび上がってくる背後関係がなかなか楽しかったです。
 ってか、首折り男シリーズっぽくなってるけど、マジでチョイ役じゃねぇかww。最初から佐藤亘は首折じゃないだろうなぁって思わされていたので、じゃあ誰だって話なんですけど、そこからあのオチはなかなか。
 しかし、ほんと最初のあらすじ通りの物語だったなぁ。細かい点も面白かったですけれど、まあインパクトに欠けるのは仕方ないか。



○『レミング』 著/近藤史恵
 「プロトンってレミングの集団みたいだな」

 こっちも、シリーズもの。
 うーん、前回のが面白かっただけに、どうも乗りきれないところがありました。これは『サクリファイス』を読めばもっと楽しめるかもしれないと思うと、近いうちに手を出してみたいですね。
 石尾のキャラクターがうまくつかめないところが、今回のオチにうまく感情移入できなかったところに思います。チーム内の嫌がらせが収束するのがあっさり過ぎたので、前後関係がよくわかっていないと気がついたら終わっていた、って感じでした。

 うん、近いうちにサクリファイスを読みたいです。



○『ヒトモドキ』 著/有川浩
 次は人に生まれ変われるといいわね。


 ……有川さんはゴミ屋敷と親族に恨みでもあるのだろうか。

 そんなわけで、今回も一人勝ち状態の有川さん。うん、ほんと『ストーリーセラー』の時と言い、気合入りすぎだろ有川さん。寒気がするほど真に迫ってるわ。
 一番時間を忘れて読みました。

 言葉は同じでも会話ができない相手が一番怖い。正直そういう人とだけは知り合いたくないんですよね。こちらの言葉を端から理解しない相手ほど、扱いづらい人間はいませんし。ヒトモドキってのは、確かに的を射ていると思う。人と同じ感性から少しだけずれている。嫌だなぁ、ホント。



○『リカーシブル――リブート』 著/米澤穂信
 「ふざけんなバカ」


 これはひょっとしてシリーズものなのか?

 このstory sellerで米澤さんの名前は知ったので、かなり期待して読みました。まあ、結果はちょっと微妙だったんですが。でも、はっきり言ってシリーズの立ち上がりみたいな話だったので、続きがあるならどう化けるかわからない感じです。

 そもそも主人公のハルカがあんまりいい性格してないですしね。感情移入するにはページが足りない。うーん、前回の『玉野五十鈴の誉れ』のようなインパクトを期待していたら肩すかしです。
 まあ、続きに期待。



○『444のイッペン』 著/佐藤友哉
 「お前、格好良いな」


 ゆ、ユヤタンが真面目にミステリってる!?

 まあ、叙述やらかしてはいますけど。(でも、333の丸投げに比べたらまともに解決編やっててびっくりした)

 こっちもシリーズものですが、333のテッペンに比べたらオチが奇麗に決まってて面白かったです。
 ってか、何気に背後がきな臭い……。このシリーズ、早く続きが読みたいです。土江田の正体とか、意外とちゃんと考えていそうなので、本当に次が楽しみだなぁ。
 ユヤタンらしさというより、物語としての面白さがありました。




○『日曜日のヤドカリ』 著/本田孝好
 「子供は日々成長するんだよ。
  だいたいは親の思惑と別の方向にな」



 肘打ち吹いたww
 うーん、ただ話自体が全体的に芝居かかってたから、なんか舞台劇見せられてる感じだったな。

 ヤドカリのくだりは、なるほどなぁと思いました。まだ自分はそういう相手もいなければ立場にもないですが、やっぱりいずれは自分にあう貝殻を探して奔走するんだろうなぁ。もしくは貝殻なしでのたれ死ぬか(それは避けたいな……)

 しかしこの娘。精神的に年齢が高すぎるでありますお父様。








 こんなところです。

 うーん、ひさしぶりに本の感想下からか、どうも乗りきれないな。
 少しずつリハビリして行こうかと思います。ちゃんと書いていきたいな。



 
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 読書日記

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。