This Category : 漫画の紹介

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息もつかせず過ぎ去った2010年を漫画で振り返る

2010.12.30 *Thu




 2010年を漫画で振り返る!



 今年読んだ漫画個人的ベスト10!!





 さあ、毎年恒例ラインキング開始です。

 さて、このランキングも今年で四回目。漫画に関しては二回目ですが、こまかいことはなしで行きましょう。



 まずはルール説明。
 このコーナーは、僕の独断偏見による超個人的趣向に偏った基準により、今年読んだ漫画で面白かったものを10タイトルランク付けしていこうというものです。

 ただ、いつもならば本当に読んだものなら何でもありでやるのですが、そうするとわたくしが今年読んだ漫画は膨大で特に過去の作品が多かったりするので……。今回は、今年発売したものに限るという条件でいきたいと思います。(ついでに、自分が購入した分に限る)

 単行本発売していない連載分はどうしようかな―とか思ったんですが(三作ほどあげたいものがあるのですが)、それは今回外すことにします。いやー、なんというか、そうでもしないと10タイトルに収まらない。(実際おさまってない)


 あと、もう一つルールとして、同じ漫画家は二度出さないというのもいつも通りです。今年発売した分でその漫画家の一番面白かった作品をあげていきます。




 ではでは、続きからどうぞ!!







スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画の紹介

『惑星のさみだれ』 著/水上悟志  紹介

2009.10.09 *Fri
惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)
(2009/04/30)
水上 悟志

商品詳細を見る




 「ヒーロー参ッ上ォ!!」




 マンガ読んで涙をこらえたのなんていつぶりだろう……

 どうも。面白いといわれて軽い気持ちで読んでみたら、気づけば貸し本屋で全巻借りていた上に、これから購入も考えている西織です。やべぇ、これは久々に私的大ヒットだわ。


 とりあえず、内容の紹介としては、地球を壊そうと企む魔法使いと、それを阻止しようと立ちふさがる精霊と十二人の騎士の物語。
 しかし、その地球を守る側のボスである精霊との契約者・朝比奈さみだれは、別の目的で魔法使いと戦っていた。それは、魔法使いを倒し、自身の手で地球を壊すというもの。その本末転倒ながらも信念を帯びた発言に、騎士の一人に選ばれた雨宮夕日は彼女に忠誠を誓うことに。
 そうして、さみだれと夕日の戦いは始まった!

 現代を舞台にしたバトルアクションものです。


 設定としてはちょっとねじ曲がってはいますが、話の流れはありふれた王道ストーリーです。けれど、これがまた作りがうまいんですよ。主人公の性格がちょっとねじ曲がっているのがまたいい風に作用していますし、また他の騎士たちもとても個性的で、それでいて迷ったり苦しんだりするところが、人間くさくていい感じ。また、途中、騎士側に死者も出るんですけど、そのエピソードも泣かせる話です。

 何より、僕が好きなのはこれが成長と継承の物語になっているところなんですよね。先達である大人たちから、子供たちへ意志が伝えられ、またそれが後世へと伝えられる。それがしっかりと作り上げられているところが、このマンガの面白いところだと思います。
 作中で何度も『大人は』とか言われているのは、ちゃんとそれを意識して描いているからだろうなぁ。




 ああ、もう。これ感想書きたいけどここだけじゃ書きにくいぜ。とりあえずこの記事は紹介だけにしておきます。




 しっかし、まさかこう何度も泣かされる羽目になるとは……。それぞれが隠していた本心をさらけ出すところとか、すげー迫力があるんですよ。半月さんとか日下部のエピソードは、たぶん来るだろうなと思っていてもやられてしまいましたし、正直、七巻のフクロウのセリフに泣かされるとはまったく思っていませんでした。



 うん、もうこれ買う。買うったら買う。生活費やばいから、給料は言ったら買う。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画の紹介

『キミとボクをつなぐもの』 著/荒井チェリー  紹介

2009.03.15 *Sun
キミとボクをつなぐもの (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)キミとボクをつなぐもの (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2009/01/13)
荒井 チェリー

商品詳細を見る



 生まれ変わりって信じます?



 さて、今日は初めての、漫画の紹介です。

 今日紹介するのは、主に四コマ漫画で活躍している荒井チェリーさんの、長編作品。一巻完結で、非常に読みやすい作品です。


○内容

 伊達朝陽と浅川真雪は同級生だが、話をしたことはほとんどない。しかしある日、ちょっとした事故によって真雪は前世の記憶を取り戻す。彼女の前世とは、なんと朝陽の前世の執事(じいや・男)であったというのだ。
 じいやとしての使命感から、朝陽の前世での婚約者を探そうと意気込む真雪。そうして、奇妙な婚約者探しが始まった。
 荒井チェリーが送るドキドキラブコメディ!



○魅力

 まず、、王道の斜め上を行った設定がいい。

 前世の記憶を取り戻すという設定は結構いろいろなところで使われているので、それをどう料理するかによるんですよね。それを、まさかこういう風に持ってくるとは……という感じです。

 また、気楽に読めるところもいいですね。別に世界が関わってくることもないし、どろどろの三角関係に落ち込むこともない、内輪だけのほのぼのとしたラブコメ。テンションもそんなに高くないので、苦手だという人も落ち着いて読めると思う。

 最後の締めは、個人的には好きでした。



 うまく伝わったか不安ですが、オススメです。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 漫画の紹介

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。