This Category : 中島らも

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今夜、すべてのバーで』 著/中島らも  感想

2009.08.09 *Sun
今夜、すべてのバーで (講談社文庫)今夜、すべてのバーで (講談社文庫)
(1994/03)
中島 らも

商品詳細を見る



 「乾杯(スコール)!」



 というわけで、アルコール中毒の小説です。
 相互リンク貼っている『つれづれ』の雨さんが読んでいたので、それならばと手に取りました。
 感想を言うと、面白かったです。アル中の恐ろしさをこれでもかと伝えつつ、それでいて硬い文章になっていないのがいいんじゃないかと。少なくとも、笑っていいのかなー、と思いながら、僕はかなり笑いました。
 ただ、そんな中でも、『中毒』というものの持つ魅力と恐ろしさがきれいにあらわされていたと思います。中毒っていうのは、欲しいという感情よりもそこにあるのが当然だという状態なんだなぁとしみじみ思いました。

 大きな起伏もあまりない物語ですが、なかなか面白い話でした。





 ここからあとはネタばれも含めて。





 ……っていうか、結構な量書いたんですけど、全部消えちゃいました。
 面倒ですけど。書きなおし。

 とりあえず、作者自身がアル中だったせいか、妙に病状の描写がリアルなんですよね。コーラのような尿とか、新陳代謝の停止とか。尿がコーラみたいだって描写のところは、描写のおかげでちょっと笑っちゃいましたが、しかし冷静に考えると恐ろしい……。
 アルコール中毒、というと、やっぱりぱっと思い浮かぶのが常時酒を飲んで、飲まないとケイレンとか起こしている状態、ってのを思っていたのですが、そんな簡単な話じゃないというのが興味深かったです。別に、欲しいから飲んでいるんじゃなくて、自然と口にしている。『我慢』をする過程がないってのがとても新鮮でした。
 主人公がドライすぎるってのも理由の一つなのかもしれませんが、アル中は危険だ、危険だ、といろいろな要素が語っているのに、実際あんまり危機感が感じられないんですよね。そして、どんどん泥沼にはまっていく。どうしようもない状態になって初めて自分が危険なのだとわかって、分かったときにはもう止まらなくなっている。
 中毒、というとほんと特別なものにも思えるのですが、実際はすぐそばにあるんだろうなぁと思います。要するに依存する対象がここでは酒だっただけで、たとえばそれは他の食べ物でもいいし、何か物でもいいし、人でもいい。とにかく何かに頼りっきりつきっきりになることが中毒だっていえば、だいたい想像できるんじゃないだろうかと思います。
 まあ、それで命の危険になるかどうかは、依存するものによるとは思いますが。


 物語の話。
 綾瀬少年の死は堪えたわぁ。
 正直完全に不意打ちでしたからね。普通こういう風に唐突な死って、萎えることが多いんですが、この作品の場合構成とタイミングが秀逸なんですよね。主人公にとって一番ダメージが大きいタイミングでもってきたから、これだけ印象が強かったんだろうなぁ。
 赤河先生のキャラクターはかなりいい感じだなぁと思いました。口は悪くて決していい人じゃないですが、なんだかんだでちゃんと患者のことを考えている。患者が言うことをきくかきかないかはともかくですけどね。
 あと、一日一万円もらうために入院していたじーさん。あの人はもう極端だったなぁ……ってか、エチルアルコールって飲めるの……?


 ラストに関しては、もう少し何かあってほしいなという気もしましたが、ああいう終わり方の方がこの小説としては一番きれいなのかもとも思います。なにはともあれ、重くなりがちな話でさわやかに終わってくれてよかったです。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 中島らも

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。