This Category : 伊坂幸太郎

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィッシュストーリー』 著/伊坂幸太郎  感想

2010.01.10 *Sun

フィッシュストーリー (新潮文庫)フィッシュストーリー (新潮文庫)
(2009/11/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る




 「だって」とどうにか答えた。「だって、ただのボールがあんなに遠くに」





 長らくお待たせしました。今年初めての更新です。
 今回感想を書くのは、伊坂幸太郎さんの短編集『フィッシュストーリー』。長さ的には中編集と言ってもいいかもしれないですが、とりあえずそんな感じです。

 最初の一つ目は正直微妙だったのですが、二つ目、三つめと進むにつれて面白くなっていきました。そして、最後の一つにガツンと一発。引用した文章は、最後の最後に涙腺をやられた一文だったので、どうしても引用したかったんです。






 では、ネタバレ込めつつそれぞれの感想を。






○動物園のエンジン
 『動物園へ行こう。休日をライオンと』


 うん、微妙。
 いや、好きな人はごめんなさい。ただ、どうしても強引っつーかなんつーか、あんまり河原崎のようなキャラクターは苦手なんですよね。同じ理由で『チルドレン』の陣内とかあんまり好きじゃないんで、あの作品は微妙に思ったりするんですけど。

 まあ、そういうのを置いていても、デビュー後第一作ということで、やっぱり文章がこなれていない感じはあるなぁ。これを読んだ後に次の『サクリファイス』を読むと、やっぱり読ませ方が全然違うように感じる。文体は同じ感じなんですけどね。



○サクリファイス
 「だから?」


 黒澤さん大活躍のお話。
 読者に人気があるキャラクターなのは、やっぱり黒澤の性格が朴訥でありながら憎めないところなのかなぁと思います。彼はいろんなことを冷静な第三者的な目で見て、最後にはいろいろなことを考えながらも「だから?」の一言で片づけるような冷たいところはありますが、彼の中には彼の中で、ちゃんと信念があるところが見え隠れするところが魅力的なように思います。
 陽一郎と周造の関係なんかは、できれば短編じゃなくて長編のような長いところであらわしてほしかったなぁ、とも思わないでもないです。まあ、短編で、黒澤と言う第三者の視点でみるからこそ、こうして形が浮き彫りにできたのかもしれませんが、これはちょっともったいないようにも思えたり。二人の心情なんかも想像していくと、なかなか深みが帯びてくるものです。




○フィッシュストーリー
 「届けよ。誰かに
  頼むから」



 出来すぎやろ! っていう突っ込みはなしの方向で。

 まあ、伊坂さんの得意の、別々の人間の行動がそれぞれつながっていくという形ですが、こういうのは余計なこと考えずに読むのが一番ですよねー。とりあえず、瀬川さんかっけー。なんだこのテンプレ正義の味方。
 ここで、曲の空白部分の思いが誰かに届いたわけではないってところが変に現実的ですが、ま、そういうもんでしょうね。人生なんてどんな些細なきっかけでずれるかわかったものじゃない、って思うとすっきりするかも。

 よし。とりあえず、瀬川さんは早くスーパー伊坂大戦に出場するんだ。




○ポテチ
 「塩味も食べてみたら意外に美味しいから」


 普通かなぁ、とか思いながら読んでいたら、最後の最後でやられましたよ。
 なんだろうなぁ。別に、オチが読めなかったわけじゃないんですよ。赤ん坊の入れ替わりの話や双子の話とかで、何となく今村と尾崎は入れ替えられてたんだなぁとはわかってましたし、最後にホームラン打つんだろうってのはわかっていたんですが、まさかの大西の言葉でガツンと来ました。
 ああ、文章で感動できるって、こういうことなんだなぁ、って思った瞬間。
 これほどまでに最後の一文に感銘を受けたのは自分だけなのかもしれませんが、それでも本当にあそこは良かったんですよ。前に大西が「ただ球が遠くに飛ぶだけ」と言っているだけに、余計にそう思う。本編を通して大西に感情移入しているから、最後の最後でやられちゃった感じでした。

 話の問題自体は『重力ピエロ』とかぶるところもあるんですが(ってか、一部登場人物かぶってるし)、やっぱり同じネタでも魅せ方一つでこうも変わるもんなんだなぁと思いました。本当に、伊坂さんは細かいところがうまい。






 そんなわけで、新年一発目の更新でした。
 正直年明け初めの更新どうしようかなぁと思っていたところでこいつを読むことができて良かったなぁと思います。絶賛するまでではないですが、この充実したような感覚があるから、読書はやめられないんですよ。ホント。

スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 伊坂幸太郎

『ゴールデンスランバー』 著/伊坂幸太郎  感想

2009.09.08 *Tue
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 「お母さんが、これ、押してあげなさいって」






 すっげぇ面白かった。
 久々に続きが気になって、ドキドキしながら読んだ。

 あー、もう。古本じゃなくて普通に定価で買っても損ないわ。素晴らしい。伊坂幸太郎の集大成と言うだけのことはある。今までの伊坂さんの書いてきた物語の要素がこれでもかと盛り込まれ、それでいて全然無理な感がない。
 もちろん、話としての消化不良な感もあるが、それは第三部の『事件から二十年後』を読めばある程度補完できるものだし、また終始エンターテイメントに徹する、と公言しているので、別に巨大な何かに打ち勝たなければいけない、ということもないと思います。

 書いた時期が同じということで、モダンタイムスと似通った部分が多いですが、モダンタイムスが巨大な組織に立ち向かう姿を描いたのに対して、ゴールデンスランバーは巨大な組織からどうやって逃げるか、を主体にしていると思います。

 しかし、ほんとすごいなー。伏線の張り方もさりげないし、思い出したところで回収してくれるのですごくうれしい。登場人物の個性もちゃんと生かせているという、もう文句なしの作品です。

 あー、ほんと、これ候補辞退しなかったら直木賞取れただろうなぁ。






 それでは、ここから下はネタばれありで。







 つーかね、もう五部の事件から三ヶ月後とか、まじで感動して泣きそうでしたから。
 とくに、「たいへんよくできました」は、ここでもってくるか、と唸りました。すげーグッドタイミング。青柳雅春の物語の一つの終結としては、一番うまい締めだと思いました。このオチのおかげで、バッドエンドに近いトゥルーエンドが、すごくさわやかになったように思います。


 どうしても話の内容的にモダンタイムスと比べてしまいそうになりますが、やっぱりモダンタイムスがいろんな人間の主張を描いたものであるのに対して、ゴールデンスランバーの方は、エンタメに徹しているがために、ここのエピソードだったりキャラクターだったりの要素が強いように思います。

 もう、でてくる中心人物のどいつもこいつもいいキャラしているんですよねー。それでいて、結構自然な人間を描いているようにも思いますし。

 個人的に、一番父親が感動でした。うわ、こういう父親っていいなぁ。最後まで味方なのは肉親だってのも、すごく納得できるし。もしかしたらやってるんじゃないか?と思っていても、最後まで信じてくれる、というのがいいです。そして、父親のマスコミに対する啖呵にしびれました。そうだよ、他人の人生を踏みにじるんだから、同等のものを賭けろよ。

 他にも、森の声の森田さんとか、廃車を教えてくれたカズだったり、元カノの樋口さんといった旧友メンバーとの過去回想も面白かったですし、ロック信者の岩崎さんなんかは別の場所でも出番欲しいくらいにキャラが立ってたと思います。ロックだぜ、青柳。
 あと、残念だったのはキルオ。ちょっと退場が早すぎて残念だったかも。便利すぎたから早々に退場しちゃったという目もあるけれど、こいつの話ってのももう少し見てみたかった。
 それと、保土ヶ谷さんがすげー意外なところででてきたのにびっくりしました。第一部での印象が強かったので、出てきてすぐにここでもってくるか、って思いました。
 花火屋のおっちゃんにしても、うん、出所をわきまえてるなぁ。ってか、ほんと青柳と深くかかわった人間のほとんどが彼が犯人じゃないと確信しているのが地味に感動です。そういうのはお約束の反中ではありますが、青柳の野暮ったさを想うと、説得力があるからなぁ。(不良たちのシーンはむしろ笑っちゃいましたが)


 ほんと、これは面白かった。
 全部読み終わったあとに、第三部の『事件から二十年後』を読みなおして、さらに面白さが増すところがすばらしい。
 まあ、僕はそれを読む前にネットでその真相を知って、あわてて読み返したんですが。……まさかライターがあいつだったとは。
 森の声が聞こえますぜ。


 そんなわけで、素晴らしい読書でした。どうもごちそうさま。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 伊坂幸太郎

『モダンタイムス』 著/伊坂幸太郎  感想

2009.03.10 *Tue
モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 「勇気は彼女が――彼女が持っている。俺がなくしたりしないように」




 というわけで、『魔王』の続編である『モダンタイムス』読了しました。


 岡本猛はいきなり現れて脅す。「勇気はあるか?」
 五反田正臣は警告する。「見て見ぬ振りも勇気だ」
 渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
 大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
 井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
 渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて見る角度しだい」
 永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」



 様々なキャラクターが交錯し、次第に一つに真実へと近づいていく。

 伊坂さんの小説は、いろいろな人々が少しずつ関係しあって大きなものが見えてくるというものが多く、今回もその例からはもれません。
 ボリュームの割りにカタルシスなんかは少し弱い感じもしますが、しかしこの小説はあの『魔王』の続編なので、それで構わないのです。

 この作品の一番の見所は、大きな、得体の知れないものに対する怖さと、それに抗う人々の物語だと思います。


 例えば、『魔王』において。第一部である『魔王』では、ムードに流されることの怖さが語られました。そして、第二部の『呼吸』では、そういった大きな力に対する一つの抵抗が描かれています。
 その上で、この『モダンタイムス』を『魔王』の第三部と捉える場合、『呼吸』で提示されたささやかな抵抗さえも取り込まれるほどの『力』に対して、どう対応すればいいのか、が書かれているのではないかと思ったのです。



こっからちょっと長いので、単純な感想を読みたい人は水平線で囲われた先に飛んでください。






 普遍的な日常は、巨大なシステムによって流され作られている。一人ひとりはその部品であり、全体を把握することなどできはしない。もしそのシステムから外れたり、対抗したりする存在があったとしても、いずれはシステムに取り込まれてしまう。『そういうことになっている』
 実際、安藤潤也が自身の能力を駆使して行った抵抗も、自然とシステムの中に組み込まれてしまった。政治家として何かを変えようとした犬養も、最終的にはそのシステムの部品であることを自覚した。それは、一種の『運命』のようなものではないでしょうか?


 この物語は、そんなシステムの中ではじかれそうになった人々の抗う物語。そういった物語は無数にあることは、物語の途中で登場人物の一人が語ります。一人ひとりは別に特別ではない。なぜなら、それすらもシステムを動かす『部品』なのだから。
 そんな大きな存在にぶち当たったとき、どうすればいいのか。例えば、過去に犬養舜二は部品として何が出来るかを考えた。例えば、安藤潤也はお金という『力』で戦えないかを考えた。例えば、井坂好太郎は自分の出来ることで何かを残せないかと思った。例えば、永嶋丈はシステムに利用されつつも利用しようと考えた。例えば、五反田正臣はずっと同じように戦い続けることを決めた。

 そして、主人公である渡辺拓海は、見て見ぬ振りをすることを決めた。


 その一人ひとりの選択に、正しいものなんてない。『答え』なんていうものはない。ただ、その中で人々がどういう風に生きるかが問題なのだ。そういった意味で、渡辺の選択は別に悪いことではない。自分がシステムの部品であることに納得して、その上で生きていこうと思ったのだから。




 最後の渡辺拓海の選択は、こうして文字で起こしてみると微妙ですが、あのボリュームを読み終えた後だとある種の爽快感があります。
 実際、日本人のほとんどはそれなんですよね。見て見ぬ振り。流されることが一番楽だし、一番効率がいい。それは公言するとあんまりいい印象は受けませんが、しかし現実にはそういう人間ばかりです。
 問題は、心の持ちよう。渡辺はシステムを見て見ぬ振りするとは決めましたが、システムに流されるとは決めていないのです。ただ、その影響を気にしなければいい。そうすれば、流されることもない。ある意味、『確固たる意思』の一つの形であったりします。


 この『魔王』と『モダンタイムス』の両方に通ずる問題として、流される怖さがあります。
 情報に惑わされてはいけない、なんてことはもう昔からずっと言われていることですが、しかしそれを実際に実行できている人間がどれだけいるでしょうか。ここ最近のニュースを見れば一目瞭然ですが、偏ったニュースの内容を、人々は本当に公平な目で見れているでしょうか? 僕も自信はありません。表立ったニュースばかりが目立って内容を理解しきれない。そんな状態で人を糾弾することが、一番恐ろしい。
 もし、その糾弾が自分へと向かってきた時のことを思うと、恐ろしい。

 その解決の一つが、作中で語られた『関わらないこと』。実際、ニュースやネットがなくても、生きていくことは出来ます。もし必要になったとしても、自分に都合の悪い部分は見なければいい。そうすれば別に自分に害なんてないのだから。

 また、情報を逆に振り回すというのも、うまいとは思いました。嘘の情報を意図的に流して、どれが本当か分からなくさせる。もし『戦う』のなら、周りの『惑わされやすい人』は積極的に惑わし、『自分は惑わされない』という心の持ちようであることがたいせつなのでしょう。









 そんなわけで、考えたことをつらつらと書いていったわけですが。
 この小説、キャラクターとしてみたりストーリーの魅力を語るといった場合、ちょっと不足する部分があるとは思います。実際、そういった方面の評価も結構低いですし。
 でも、作品中にあるじわじわとくる得体の知れなさなんかは、すごくよかったと思います。いろいろ考えさせられることも多いですしね。そういうところを考えずに『駄作』と烙印を押すのは、どうかと思います。



 あと、こまごまとしたところの感想ですが。
 安藤商会のことで、ちゃんと詩織が出てくれてうれしかったです。潤也は、多分出ないだろうなぁと思っていたら、案の定死んでいて……でも、ちゃんと過去話みたいな感じで潤也がやってきたことが分かったからよかった。
 犬養の本名は、確か『魔王』では出ていなかったと思うので、『犬養舜二』と判明したときはあっけなかったですがうれしかった。彼も、あのあとどういう軌跡をたどったかと思えば、失踪って……。でも、そのあと潤也と結託して一緒に戦ったとかいう話があったときは、もう燃えました。
 この辺の内容、漫画の『ジュブナイル魔王』に十分使えると思うので、かなり期待しています。最終的に潤也が犬養と和解する展開なんて、すごく面白いじゃないですか。

 あと、緒方さんなんですけど……マスターですよね、この人。
 もうこの人に関しては、漫画の方ではお亡くなりになられたので期待は出来ませんが、『モダンタイムス』で出てきたときには「おお!」って思いました。空気を操る能力も、しっかりと描写されていますし。(ただ、明言されなかったのは超能力を、それが『それ』であると描写したくなかったからだろうと思います)

 他は……渡辺の奥さんなんかはすげー恐ろしいですね。浮気をしたら怖い。でもそれ以外だと最強の味方。もう登場することはないでしょうが、もったいないキャラクターだなぁ。
 結局、渡辺の浮気相手である桜井ゆかりは何だったんだろうという謎だけは残っちゃいましたね。そこはかなり気になったんですけど。伊坂さんの伏線の取りこぼしは珍しいことですが、週刊連載だったことを考えると仕方ないか。




 そんなこんなで、大まかな感想はこんなところです。

 全体として、個人的にはかなり楽しめました。これを駄作と簡単に言い切る人の気が知れない……


 別の作品でこの作品がリンクすることを祈りつつ。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 伊坂幸太郎

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。