This Category : 西尾維新

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悲鳴伝』 著/西尾維新 感想

2012.04.28 *Sat

 悲鳴伝








 この世に正義があるとして、たとえヒーローがいるとしても、きっとこの物語はそれとは無関係のところで決着する。それはたぶん、愛とか、友情とか、そういうものだ。





 ※商品検索がうまくできなかったため、画像なしで更新します。

 やっぽー。四か月放置したブログも、西尾維新の新作が出れば更新しますよい。


 ……ってかこれ以外の利用法がなくなってないかこのブログ。
 まあ簡単な感想とかは本ブログの方でやってるしね。いや、くそ長いのは放置しているけど。書きかけで放置しているのが一番たちが悪いと思うけど。

 そういうのはおいておいて。

 西尾維新の新作ですよ。
 新作長編ですよ。

 個人的にはそろそろ戯言世界か、りすかの続きを(チラッ、っていう感じなんですが、まあ同じシリーズ連続で出されるよりは、こうしてたまに新しい世界観見せてくれた方が楽しいっちゃ楽しいです。

 んで、悲鳴伝。まずはネタバレなしで感想を言うと、ノリは初期の西尾維新だなーと思う。おもにキャラの消化具合的に。あと、世界観は無駄に大きいけど内容は内輪もめ的なところもやっぱりなーという感じ。
 ただ、書いている間に空々くんのキャラをつかんでいったのか、後半はかなりノリがよかったけど、前半はちょっとつらかったんだよなー。ってか前半は尺を半分にしてもよかった気がする。その分後半にほかの要素も詰め込んでほしかったお……。






 とまあ愚痴はこんなところで。

 ネタバレありの感想を。









 まあなんというか、最後に『ありがとう』を言って終わる結末は、あまりにも前振りが多すぎるからわかってたけど、やっぱ報われない子だったなぁ犬个ちゃん。
 ここでハッピーエンドにするために彼女を生かさないところが西尾維新の非情でなおかつ良心なところだとも思うけど。彼女のように、環境によって殺人を犯すしかなかった子を救うには、やっぱり殺すしかないからなぁ。それを被害者である空々の手で下してもらえたってのが、ある意味報いだったのかも。ついでに言うと死んだ後に、何も感じないはずの彼に抱きしめられるくらいには大きな存在になっていたっていうのは、誇っていいことだと思う。
 こういう、キャラの死に所を逃さないところが西尾維新のいいところだと個人的には思ったりする。犬个ちゃんだけじゃなくて、左在存とかもそうだし。まああれは死ぬって思ったよ。フラグびんびんだったもん。まああそこまであっさりいくとは思わなかったけど。
 ちなみに個人的に一番燃えたのは左在存が喋ったところなんだけど、やっぱああいう演出はくそうまいよなぁ。そしてそのあと求めた方向にテンションがつながらないところも。まあ、今回は空々の性格のおかげで、中盤以降がかなり面白くなったと思うけど。

 特に今回はバトル描写がよかったなぁ。空々は13歳の身体能力しかもっていなくて、異常なのは精神性だけっていう状況で、無理のない戦いしてるもんな。まあ、ラストの友情(笑)ダイブはさすがに都合よすぎだろと思ったけど、超パワーを発揮するわけでもないところが面白い感じ。この辺、りすかのバトルに通じるところあったからかなり好み。あー。りすかの続きまだかなぁ。

 あと、花屋はちょっと病みすぎだったな。あれはヤンデレじゃねぇ、ヤンデるだ……とか言いたくなる感じ。なんで空々にあんだけ依存していたのとか、そういう話ももうちょっと欲しかったかなぁと思う。長い割に尺が足りないと思ってしまうのが残念だよな。まあ、物語的に犬个と空々の物語だから、そこは気にしないでもいいってところかな。ただ、ヤンデレがかわいいのは病む理由が明かされてからだと思うから、もうちょっと掘り下げてくれてもよかったかも。
 べただけど飢皿木博士が助けに来た理由に燃えた。ああいうのいいよなぁ。やり終えた大人が、最後の望みで主人公を助けに来るっていう。敵にぶっ殺されるところまでまさしく王道。最後に軽く伏線をまくところも王道。いや、まあ敵も何も、全員味方なんですが。マジで内輪もめって怖いよね。


 そりゃそうと、読みながらイメージしたのが仮面ライダーカブト。地球陣とかマジで戦闘力のないワーム……。あとグロテスキックでダークカブトを想像した。いやまあ、それだけなんだけど。
 しっかし、これ読んでいる途中は西尾っぽいなとか思うんだけど、物語の筋だけを考えるとなんか別の作家の書いた話みたいな感じなんだよなー。なんでかなーって思うと、思ったほど不条理がないところかな。物語がどこの方向に行くのかわかったもんじゃねェっていう感覚がないところが、戯言とかとの違いな気がする。

 最後に。これは言われて気づいたんだが、342ページェ……。ありがとう言っとるやんけ空々ェ……。
 まあ15日で書いたとか言ってたし、ほかにも段落がおかしかったり誤字多かったんだよな。その割に物語が破たんしていないところはさすがって感じ。うん、次回も、何を見せてくれるか楽しみです。


スポンサーサイト
COMMENT : 8
TRACKBACK : 1
CATEGRY : 西尾維新

『恋物語』 著/西尾維新

2011.12.26 *Mon
恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る



 「わかった。騙されてあげる」




 ちょっと感想書くのが遅くなってしまった。
 というわけで、物語シリーズ第二シーズンもクライマックス! 最終巻の恋物語であります。
 化物語・上、ひたぎクラブから実に六年ぶりとなる、ひたぎメインの物語! いやいや、つばさキャットのデートイベントとか偽・上とか結構メインはってたけど、しかしこうしてメインとして出されるのはほんとうに久しぶりだと思われる彼女です。
 ではでは、ひたぎと暦の物語。感想です。









 開始一行で騙しやがったよ西尾orz
 やっとドロったひたぎと暦のイチャラブが見れると想ったのにorz

 まあ、状況が状況だから、そんないちゃいちゃ出来るわけがないとは思っていたけれど。そしてまさかの貝木一人称と言う状況に喜んでいる自分もいるけれど!
 ……もう一生、ひたぎと暦がまともに話しているの見れないんじゃないか?(なんか意図的に書かないでいる節があるし)

 まあそれはそれとして、ひたぎエンド。語り部はまさかの貝木でした。
 ただ、この人選自体はすごくよかったなとは思わないでもないです。正直ヒロインズや阿良々木君じゃあ出来ることの範囲が決まっているだけに、貝木みたいに『大人』のポジションの人間が介入してくれると、物語の幅が広がりますし、何よりどうしようもないと思っていた神・撫子の解決もしっかり図ってくれるだろうと言う安心感っぽいものも覚えますし。

 とはいえ、最初はこいつなら大丈夫と思っていても、話が進むごとに、あまりに順調過ぎて怖かったですがね。いや、まあ普通に失敗したけれども。読者からすれば、囮物語で、撫子の『私』の存在を知っているだけに、貝木の言うような『馬鹿な子供』のままやつの言葉を聞き入れるとは思わなかったけれども。

 周囲から押し付けられたイメージが撫子の狂った一端だとわかっていながら、本来の策を失敗させてしまった理由は、やっぱり貝木が等身大の撫子と付き合おうとしなかったからだろうなと思う。騙す相手としてしか見ていなかったからそんな失敗をやらかしたわけだし、だからこそ、クローゼットの中身を暴露してからのかけ合いは、人間と人間の会話、そして何より、大人と子供の会話として成り立った。
 撫子は、怒られたかったのだろう。
 説教する側の都合でもなく、また見当違いの小言でもなく、撫子自身の悪いところを、しっかりと大人から指摘されて、それから道を示してほしかったんだろうな、と思います。
 それが例え漫画家と言う、夢のような話だったとしても、それに少しでも撫子が興味を持っていたことは確かで、だからこそ図星を突かれた気分になって、素直にお説教を聞くことができたのだろう。
 しかし、真摯に話をしようとするのでは、絶対に撫子は懐柔されなかっただろうことを思うと、ひねくれた反抗期の子供に対してひねくれた大人があたったのは本当にいい組み合わせだった気がする。ってか、馬鹿正直に『お前は間違ってる』なんて言っても、子供が言うこと聞くわけないしね。大人だってムキになって否定するよ。そういうところが、阿良々木君に足りないところなんだよなぁと漠然と思う。真摯に馬鹿正直に、真正面から体一つでんぶつかって行けば、いつかはわかってくれるなんていう考え方は、あり方としてはすごくカッコいいんだけれど、そのカッコ良さを僻んじゃう人間もいるってことを知るべきじゃないかと思う。

 そんなこんなで、なでこメデューサ完結編。撫子、おっさんに懐柔されるの巻。


 しかし、『まるでキャバクラに通ってるみたい』というひたぎの表現にくそ吹いた。はたから見たら確かにそうにしか見えないわなww。しかも日本酒とはいえ酒持ってってんだから、もう貢いでるようなもんだろww。
 撫子の秘密については、やっばいくらい興奮したなぁ。ばれた瞬間の素になってぶんなぐってくるところとか可愛すぎる。そして、身体が動かないからとはいえ、それを受けてやる貝木マジいい奴。ってか撫子、下手したら貝木に惚れるんじゃねえかと思うわ。ってかこれと同じ手段でひたぎも籠絡したんじゃねぇだろうな貝木。やばい。どんどんおっさん趣味のヒロインが増えていく。

 それはそうと、主題となっているひたぎですが。
 うん。まあ、物語の主役とはいえ、蚊帳の外だから仕方ないなぁというところはあるよね。とりあえず死刑執行を待つ間、暦とどんな会話を交わしたかとか気になるよな。この2人が、そんなやばい状況でまともに振る舞えるのだろうかという点で。まあ、振る舞うんだろうけど。そういうはたから見ている方が痛々しく思う感じが、この2人はやっぱりペア何だろうなという感じ。
 しかし、ひたぎって泣くシーンがホント映えるんだよなぁ。ここぞ、ってところで泣いてくれる。自分達が助かるってわかった瞬間に泣いたところとか、マジで蕩れたわ。まあ、あれは貝木の言葉もトリガーだったんだろうなとは思うけど。
 貝木に対する恋心の方は、たぶんひたぎは貝木に惚れてたんだろうなと思う。まあ、あんだけしつこく繰り返せば、もろばれって感じではあるけど。両親の離婚は貝木の所為だけど、それをしないと母親と一緒にいたままだと駄目になるってのはわかっていて、それでも母親とは別れたくなかったというジレンマが、貝木を憎むことで調和されていた、っていうところもあるんじゃないかな。まあ、貝木の性格の悪さもわかっていて、こんなの好きなわけないじゃない、っていう意地もあるだろうけど。

 あとは暦か。阿良々木君の問題点については先に書いたけど、彼がヒーローでいられるのは、救われる側が救いを求めているときに限られるんだよな、って思う。まあそれは大抵の話で言えることなんだけど、すでに救われた、または本人が救いを求めていない場合は、暦が出来ることは何もないんだよね。実際、化物語という最初の話なんて、全部がヒロインが勝手に救われちゃってる話で、暦は見ているだけって言うことが多かった。それが変わったのが偽物語以降の物語でもあるんだけど、ここにきて原点回帰してきた感じがあるなぁ。
 しかし、成功率が高かった暦の救いの手も、考えてみれば撫子に対してだけは全部空回りしているんだよなぁ。まあそれは撫子の側に問題があるわけだけど、それを最後まで貫いて描いてきたのは、やっぱりエグイけど西尾維新いいなぁと思う。
 そういう失敗を経験して、忍野や、他の大人たちに近づいていくんだろうな。花物語の暦みたいに。

 そういえば、久々に羽川さんが出てきましたね。
 黒と白のまだら髪、って言うのは、やっぱり猫白の後で受け入れた分が身体的に出てきたんだろうな。ふつうの人間になった後でも、相変わらずのハイスペックは変わらない感じですが、相手が大人の貝木だったからか、一部弱みのようなものは見せていたなぁと思う。と言っても、貝木にとってはやっぱり天敵なんだろうな。
 しかし、羽川さんも扇のことを知っているのか。それでいて、どうも大人メンバーは全くスルーと言うのがやっぱり気になるな。臥煙さんが気になるところだが。ううむ。



 と言う感じで、物語シリーズも遂に完結しました。
 セカンドシーズンが。
 …………。
 まあ、ここまで来たらちゃんと伏線回収してくれよって思うし、続行もいいんだけどね。しかし、鬼物語の無駄づかいがここにきて本当に痛い気がするな。
 とりあえず次が斧乃木ちゃんの話らしいし、ようやく偽・下で消化不良だった影縫さんの話が来るのかと思うと胸が躍る。怪異は語り部出来ないらしいから除外するとして、今回貝木が語り部やったことだし、次は影縫さんがくる可能性も無きにしも非ずやで! いや、まあこう言っておきながら、普通に暦視点だったりするんだけどな。第二シーズン、暦回があんまよくないから、できれば影縫さんお願いしたいなぁ。
 そして、おうぎダークとこよみブックか。まあおそらくおうぎダークが、卒業式の事件なんだろうけど、ちゃんとやるんだろうな……。こよみブックはもう全頁かけ合いで構わないから、おうぎダークはがんばってほしい。


 ではでは、来年の西尾維新の活躍に期待して。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 西尾維新

『OVER HEAVEN』 著/西尾維新 原作/荒木飛呂彦

2011.12.17 *Sat
JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENJOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
(2011/12/16)
西尾 維新、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る



 「ディオ。何があろうと気高く、誇り高く生きるのよ。そうすればきっと、天国に行けるわ」




 西尾維新によるジョジョのノベライズ!
 主役はあのディオ! 第六部で語られた、『天国へ行く方法』が記された手記を、西尾維新が再現する!


 うん。ここまであおられて、不安を覚えない西尾信者はいないだろう。

 あの西尾維新がまともに書くわけがねぇ!!

 絶対に思うはずである。
 思わない奴は西尾を知らないか、はたまたジョジョを知らないかのどっちだろう。うん。ぶっちゃけ自分は真剣に、ディオとエンヤ婆のかけ合いか、ヴァニラ・アイスが一人称・僕でディオのことを延々と語る話かと思っていたよ。うん。

 そうではないのである。

 真面目に書いているのである。
 
 書かれている内容は、ディオの半生記。彼自身の人生を記し、そして彼が天国に行きたいと思うその思いを語った備忘録。オリジナル要素はほとんどなく、内容はジョジョの奇妙な冒険で描かれたことをつぎはぎし組み合わせ、そして作者自身の解釈を加えて、描きだした手記である。

 え、お前そんなに真面目な奴だっけ?と真剣に疑われても仕方がない西尾維新が、そこまで真面目にやっているのを見ると、なんていうかこう、変な気分になるけど、まあそれくらい、西尾維新がDIOというキャラクターを深く愛しているのだろうということだと思う。




 とまあここまで書いてここからあとはネタバレあり。いや、西尾が真面目に書いているってことを明かした時点でネタバレだろうと言うことはさておき。







 正直、読み終わった瞬間の感想は、「え、これで終わり?」って感じである。
 当たり前ではあるけど、話の流れ的に最終決戦のところで手記が終わりのは当たり前だし、ディオの特性的に、たとえ死を意識したり自分の本当に知りたいことに直面しても、先のことを意識したまま戦いに赴くことは当たり前なんだけど、まあなんていうか、すっげぇ尻切れトンボに終わったなぁと思ってしまいました。いきなりアトガキがあってびっくりという感じ。
 なんか後日談はあるだろうとか思っていたからそんな感じなんだけど、しかし冷静に考えるとこれはディオの物語。そりゃああそこで終わらんとまずいだろうとは思う。そして、時間を置けばおくほどに、79節の存在感が、終わりである80節のひとつ前の、ディオが真理にたどり着き、それに思い至らないシーンの意味合いが増してくるのだ。
 彼が嫌悪した気高さや誇り高さ。それは、自分にはまったく無縁だと思っていた愚かさ。そして、自分とは対極だと思っていた、『与える者』『受け継ぐ者』としての在り方。
 そういう分類をしていたこと自体が彼の『人間』としての在り方だし、また、知らず知らずのうちに彼自身も受け継いでいたということが、何とも皮肉なものだ。
 与える者や施す者がいれば、与えられた人間は、自然とそれを受け取ることになり、また別の形ではあれ、受け継ぐことになると言うのに。
 ジョセフや承太郎が、ジョナサンの気質をそのまま受け継いだわけではなく、まったく別の性格をしていながら、それでもジョースターという血統の持つ強さのようなものを『受け継いでいた』ように、どんな形であれ、ディオは何かを受け継いでいるし、またどんな形であれ、それを人に受け継いでいる。
 もしかしたら、ジョースターとディオの因縁というのは、そのまんま、受け継ぎ、受け継げ合っているいるようなものではないだろうか。
 そこまで言うのはさすがに言いすぎかなとも思うが、最終的な西尾維新の結論は、その点かもしれない。ディオが最終的に『聖女』の存在を意識し、実際にそれによって影響を受けていたと言うその因縁を思えば、あながち間違いじゃないかもしれないと思う。

 結局、天国に行く方法って言うのは、たくさんの理論をこねくり回したところで、当人の意思のあり方ということなのだろう。気高く、誇り高い、善の人と言うのは、そうした気持ちを迷わずに持ち続けられるからこそ、天国に至れる。それに気付いていながら、それを出来ないからこそ、ディオは別の方法を模索していた。

 少し考えてみたんだけど、天国に行く方法に関して、悪人の魂に関しては少し考えなければいけないけれど、他に必要なものは、人が当たり前のように持ち、そして求めるようなものじゃないだろうか。まあ、『私のスタンド』を『時間』に置き換えて考えた場合だけど。それに、悪人の魂に関しては、自身の悪性の自覚で、それと向き合うということなのかもしれない。『14の言葉』は作中で子守唄の歌詞と書いてあったけど、これはすごくうまい解釈だと思う。スタンドが新しい魂を得て生まれ変わり、それに友が声をかけ、信頼できる友と友になる。


 ディオはもう一度『生まれ変わって』、『やり直したかった』んだろう。
 やり直しは、ある意味ではエリナによってすでに与えられていたのに。
 いや、そもそも、自身の母によって、何時でもやり直せるように、『与えられて』いたのに。


 と言ったところが自分の解釈です。まあ、ディオが善の人に憧れていたというのはちょっと違うかもしれませんが、少なくともやり直すことは望んでいただろうなと思うし。
 まあ、西尾維新がこれをそういう解釈で書いたかというのもわかりませんが。これで全然違ってたら笑えるな。




 そんな感じで、西尾維新によるジョジョのノベライズでした。
 とりあえず作中にあふれるジョジョ愛はしっかりと受け取らせていただきました。しかし、その分はっちゃけが足りなくて物足りないという気はしないでもないかな? 上遠野さんが『ジョジョ愛』も『オリジナリティ』のどちらもやっていただけに、二発目としてはちょっと失速感があったかも。どちらも求められるのが、ノベライズの辛いところだな!

 とりあえずまあ、素数を書き連ねるディオ様には笑いました。おい、最終決戦直前に何やってんだよww!



COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 西尾維新

『鬼物語』 著/西尾維新

2011.10.02 *Sun
鬼物語 (講談社BOX)鬼物語 (講談社BOX)
(2011/09/29)
西尾 維新

商品詳細を見る



 「失礼、噛みました」





 三ヶ月に一回の物語シリーズも、今作を合わせて残すところあと二つとなりました。
 終盤と言うことで物語もまとめられて……まとめられて……。

 今回語られるのは忍野忍の物語。
 とかいいながらフェイント入れて真宵の物語だったりするあたり、西尾維新は平常運転です。






 ではでは、ここから先はネタバレありよん。










 んー。つっても、今回はマジで感想書きにくい。

 何故かって。ぶっちゃけカタルシスがあんまなかったから。
 ネタとしては、ラストの真宵成仏というめちゃめちゃ重要な話があったわけだけど、しかし前から成仏する成仏すると言われていた挙句、傾物語でそのフラグを華麗にへし折った、かと思いきやフェイントで無理矢理成仏させられた。そんな感じだから、なんていうか悲しんだりするよりも「ぽかーん」って感じがよく合う。
 まあ、たぶん最後のエピローグを見る限り、それは狙ってやってるんだろうなぁと思うけど。狙ってやってるんだよね、西尾さん?

 まあ、そう苦言を弄してはいるものの、真宵成仏の辺りは普通にうるっときましたけどね。うーん、しかし迷いが成仏しなければならないとわかった後にもう少し間があったら良かったんだけど、ぶっちゃけ読者からするとページ数が少なくなって焦りしかなかったからな。「え、これどうなるの? え?」って感じ。
 この感じは偽・下と猫・黒で体験した感じなわけですが、ぶっちゃけ前半にイラン尺取りすぎたがゆえに後半が圧迫されたように感じるわけです。うん。つーか忍の独り語り長い。しかもどうでもいいこと強調して話したりするし。忍の説明下手という設定は十二分に発揮されていたけれど、いやいやこんなところで発揮しなくてもいいですから、っていう気分。せめて やるにしても五十ページ前後だろ……。
 初代怪異殺しも、引っ張った割に大したことなかったしなぁ。なんていうか、拍子抜けの巻です。たぶんラストに向けてのつなぎの巻だから仕方ないとはおもうんだけど、しかし同じつなぎの巻で空回りの物語だったネコソギ中とかはものすごい面白かったからなぁ。


 とりあえず今回の物語を好意的に解釈するとすると、全ては最後の阿良々木君の印象。これまで誤魔化していたもろもろの要素を、重箱の隅でもつつくように解決させられている、ということ。それ自体が第二シーズンのテーマでもありますし、うまいこと話に絡めてきたなぁという感はあります。

 しかしまあ、気分的には生殺しどころか不意打ちくらってぽっくり逝っちゃった感があるわけで。うーん、やっぱりもやもやするなぁ。特に真宵との別れ自体はめちゃくちゃ良かっただけに、どうも消化不良感が残る。例えるなら、ヒトクイマジカルで某キャラが血だまりスケッチしたところで物語が終了した感じ。ちなみに囮物語は狐さん登場シーンで物語終了した感じなんだけど。続きが気になるっていうか、盛り上がったところで話を打ち切られた感じがするんだよね。


 そんな風に言い続けても仕方ないんで、我々は大人しく三ヶ月後を待つだけなんですが。……しかし、学習塾後炎上事件はちゃんと書いてほしかったよなぁ。伊豆湖、エピソード、斧乃木ちゃん、神原とメンバー揃えて一体何と戦っていたんだか。まさか苛虎と戦っただけじゃあるまいし。うーん、しかし変な縛りつくっているせいで書いてもらえないんだよなぁ(ヒロイン縛り)



 まあそんな感じで、今回は煮え切らないまま感想終了です。いやだって、書きづらいんだもん。ここ最近西尾維新絶好調だっただけに、ちょっとバナナの皮に滑った感じ。まあ最終巻期待しますわ。


 ではでは、また三ヶ月後。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 西尾維新

『少女不十分』 著/西尾維新

2011.09.08 *Thu
少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
西尾 維新

商品詳細を見る




 「先生の作品を、子供の頃からずっと愛読していました。こうしてお会いできて、とっても嬉しいです。これからよろしくお願いします。楽しいお話を、たくさん聞かせてくださいね」




 西尾維新の原点回帰にして新境地。
 十年目だからこそ書くことのできた、一つの物語。

 ラノベ的な軽い話を期待している人には辛いだろう。会話劇のような楽しい話を期待していたら肩透かしにあうだろう。しつこい語りに食傷な方もいるだろう。イラストに騙されて読むのを辞める人もいるだろう。

 しかし、これまでの西尾維新を読んできた方なら、必ず心をつかまされるだろうと思う。

 なんにしても、この物語を読んで文句の一つも出すことができず、ただただ言葉をなくして満たされた気分になっている自分は、どうしようもないほどに西尾維新のファンであり、西尾維新にぞっこんなんだろうと思う。









 そんなわけで、ネタバレありの感想を。









 自伝かと思いきや半自伝。どこまでが本当でどこまでが嘘なのか。
 さすがに事件そのものはウソにしても(少女にほいほい誘拐されるいい大人がいるとは思えない)、ここで語られた思想なんかはやっぱり西尾さん本人のものなんだろうなぁと思う。

 読んでいる最中の感覚としては、わくわくどきどきと言うよりも、ただただ静かに歩を勧める感じ。

 回りくどい言いまわしなんかはやっぱり西尾さんで、そういうところが面白かったりもするんだけど、けれど一番重要なのは誘拐劇の崩壊から。もっと言えば、この小説は、42章と44章のためにあると言っても過言じゃないだろう。

 道を外れた奴らでも、間違ってしまい、社会から脱落してしまった奴らでも、ちゃんと、いや、ちゃんとじゃないかもしれないけれど、そこそこ楽しく、面白おかしく生きていくことはできる。

 きみの人生はとっくに滅茶苦茶だけど……、まあ、何も幸せになっちゃいけないということはないんだよ。



 十年間。
 小説を書いてきて、デビューして、いろいろな話を紡ぎ、さまざまな物語を描き、それこそ多種多様なお伽噺を僕たち読者に語ってきたけれど、それらに共通するテーマというものはこれなんだよ、という作者自身の言葉。

 前置きで語られた、柿本という作家の物語を紡ぐ理由。

 この小説は、最初から最後まで、作者の自己解説であり、そして自己満足でしかないんだろう。
 けれどだからこそ、その理由が判明したときのカタルシスは素晴らしいと、僕は思う。



 まあぶっちゃけてしまうと、もう作中でこれ以上ないってくらい語られちゃっているから、考察する隙も解説する隙もないわけですが。
 ただ、十年間と言う期間を創作につぎ込んできたからこそ描けた話なんだろうと、静かに感じいるだけである。

 なんにしても、最後はハッピーエンドで〆たところが、ありきたりと言われようがよかったなぁと思うところです。



 あと、まあキャラ萌えの話になるんですけど。ってかキャラ萌えするところあったかとか言われそうですけど、いや、誘ちゃんマジ可愛いじゃん? 

 「ご、ごはん、を食べる前には……、いただきます、でしょう!」
 「この青くなっているところを押すと、痛い」
 「疲れた」

 この三つで死ぬほど悶えた変態さんです。うん、ヤンデレいいね。
 しかもそれがちゃんと成長しちゃうんだぜ。最高じゃないか。





 最後に。


 言葉だけを頼りにかろうじて生きている少年と世界を支配する青い髪の天才少女の物語

 妹を病的に愛する兄と物事の曖昧をどうしても許せない女子高生の物語

 知恵と勇気だけで世界を救おうとする小学生と成長と成熟を夢見る魔法少女の物語

 家族愛を重んじる殺人鬼と人殺しの魅力に惹きつけられるニット帽の物語

 死にかけの化物を助けてしまった偽善者と彼を愛してしまった吸血鬼の物語

 映画館に行くことを嫌う男と彼の十七番目の妹の物語

 隔絶された島で育てられた感情のない大男と恨みや怒りでその身を焼かれた感情まみれの小娘の物語

 挫折を知った格闘家と挫折を無視する格闘家の物語

 意に反して売れてしまった流行作家と求職中の姪っ子の物語

 奇妙に偏向した本読みと本屋に住む変わり者の物語

 何をしても失敗ばかりの請負人とそんな彼女に好んで振り回される刑事の物語

 意志だけになって生き続けるくのいちと彼女に見守られる頭領の物語




 戯言シリーズ。
 世界シリーズ。
 りすかシリーズ。
 人間シリーズ。
 物語シリーズ。
 ニンギョウがニンギョウ。
 刀語。
 蹴語。
 難民探偵。
 なことシリーズ。
 哀川潤の失敗シリーズ。
 真庭語。




 これから、西尾維新がどんな物語を描いてくれるのか。楽しみです。


COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 西尾維新

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。