This Category : 読書日記

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の勢いで過ぎ去った2010年を小説で振り返る

2010.12.31 *Fri






 はい、というわけで、読書日記今年最後の更新として、今年読んだ本のランキングやりたいと思います。

 ぱちぱちー。





 …………うん。とりあえず、このブログでは二回目、本館の方でも二回やっているから四回目になるんだけど、ぶっちゃけ一番レベル低い。

 だって、ランキングにあげるもの候補選んだ段階で十冊到達しちゃったもん。



 ……理由は分かっている。だって、読んだのほとんどシリーズものか、同じ作家のものばかりだから。




 去年のランキングとか、今年の漫画の方が盛り上がっただけに、ちょっとテンションは下がりますが……まあ、来年はもう少し本が読めたらいいな、と思います。うん。思います。




 ではでは! ルールは作家重複なし、今年僕が読んだ本を、恣意的価値観によってランク付け! マンガみたいに今年発売のみにしようかと思ったけどそれじゃあ絶対に埋まらないから勘弁な!



 それじゃあ、行ってみよー!!





スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 読書日記

『Story Seller2』 編/新潮社ストーリーセラー編集部

2010.02.05 *Fri
Story Seller〈2〉 (新潮文庫)Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
(2010/01/28)
新潮社ストーリーセラー編集部

商品詳細を見る





 面白い話再び、売ります。





 新潮社企画の、日本人作家の読み切り作品アンソロジー第二弾。元は雑誌だったものがはれて文庫化です。

 去年もそういやこの時期に文庫化してたなー、とふと思いました。うーん、文庫化のために雑誌の方はわざと読まなかったんだけど、一年近く待たされるのか。次のvol3はどうしようか悩みどころ。


 まあ、それはいいとして。今回も前回と同様に楽しませてもらいました。ほとんどの作家が前回とは少し違った趣向で攻めてきているので、新鮮に読むこともできましたし。(まあ、その分インパクトは薄かったですが)



 そんなわけで、ここから先はネタバレありです。







○『マリーとメアリー ポーカーフェイス』 著/沢木耕太郎

 最初、普通に小説と思って読んでいたんですけど、これエッセイだったんですね。
 話としての盛り上がりがある話ではなかったですが、不思議とひきこまれる文章でした。

 ブラッディ・マリーというカクテルの名前からいろいろな話が展開される。カクテルの名前なんか一つも知りませんが、こういう名前の由来を探っていく話は面白いな。軽いネタにもなりますし、少し興味深いなと思いました。



○『合コンの話』 著/伊坂幸太郎
 男は合コンに参加する。約二時間のごく普通の合コンだった。楽しい会話とはっとする出会いがあるものの、人生は変わらない。もちろん、世界も変わらない。


 少しずつ浮かび上がってくる背後関係がなかなか楽しかったです。
 ってか、首折り男シリーズっぽくなってるけど、マジでチョイ役じゃねぇかww。最初から佐藤亘は首折じゃないだろうなぁって思わされていたので、じゃあ誰だって話なんですけど、そこからあのオチはなかなか。
 しかし、ほんと最初のあらすじ通りの物語だったなぁ。細かい点も面白かったですけれど、まあインパクトに欠けるのは仕方ないか。



○『レミング』 著/近藤史恵
 「プロトンってレミングの集団みたいだな」

 こっちも、シリーズもの。
 うーん、前回のが面白かっただけに、どうも乗りきれないところがありました。これは『サクリファイス』を読めばもっと楽しめるかもしれないと思うと、近いうちに手を出してみたいですね。
 石尾のキャラクターがうまくつかめないところが、今回のオチにうまく感情移入できなかったところに思います。チーム内の嫌がらせが収束するのがあっさり過ぎたので、前後関係がよくわかっていないと気がついたら終わっていた、って感じでした。

 うん、近いうちにサクリファイスを読みたいです。



○『ヒトモドキ』 著/有川浩
 次は人に生まれ変われるといいわね。


 ……有川さんはゴミ屋敷と親族に恨みでもあるのだろうか。

 そんなわけで、今回も一人勝ち状態の有川さん。うん、ほんと『ストーリーセラー』の時と言い、気合入りすぎだろ有川さん。寒気がするほど真に迫ってるわ。
 一番時間を忘れて読みました。

 言葉は同じでも会話ができない相手が一番怖い。正直そういう人とだけは知り合いたくないんですよね。こちらの言葉を端から理解しない相手ほど、扱いづらい人間はいませんし。ヒトモドキってのは、確かに的を射ていると思う。人と同じ感性から少しだけずれている。嫌だなぁ、ホント。



○『リカーシブル――リブート』 著/米澤穂信
 「ふざけんなバカ」


 これはひょっとしてシリーズものなのか?

 このstory sellerで米澤さんの名前は知ったので、かなり期待して読みました。まあ、結果はちょっと微妙だったんですが。でも、はっきり言ってシリーズの立ち上がりみたいな話だったので、続きがあるならどう化けるかわからない感じです。

 そもそも主人公のハルカがあんまりいい性格してないですしね。感情移入するにはページが足りない。うーん、前回の『玉野五十鈴の誉れ』のようなインパクトを期待していたら肩すかしです。
 まあ、続きに期待。



○『444のイッペン』 著/佐藤友哉
 「お前、格好良いな」


 ゆ、ユヤタンが真面目にミステリってる!?

 まあ、叙述やらかしてはいますけど。(でも、333の丸投げに比べたらまともに解決編やっててびっくりした)

 こっちもシリーズものですが、333のテッペンに比べたらオチが奇麗に決まってて面白かったです。
 ってか、何気に背後がきな臭い……。このシリーズ、早く続きが読みたいです。土江田の正体とか、意外とちゃんと考えていそうなので、本当に次が楽しみだなぁ。
 ユヤタンらしさというより、物語としての面白さがありました。




○『日曜日のヤドカリ』 著/本田孝好
 「子供は日々成長するんだよ。
  だいたいは親の思惑と別の方向にな」



 肘打ち吹いたww
 うーん、ただ話自体が全体的に芝居かかってたから、なんか舞台劇見せられてる感じだったな。

 ヤドカリのくだりは、なるほどなぁと思いました。まだ自分はそういう相手もいなければ立場にもないですが、やっぱりいずれは自分にあう貝殻を探して奔走するんだろうなぁ。もしくは貝殻なしでのたれ死ぬか(それは避けたいな……)

 しかしこの娘。精神的に年齢が高すぎるでありますお父様。








 こんなところです。

 うーん、ひさしぶりに本の感想下からか、どうも乗りきれないな。
 少しずつリハビリして行こうかと思います。ちゃんと書いていきたいな。



 
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 読書日記

2009年私的読書ランキング

2009.12.31 *Thu





 あと一日で今年が終わるだとッ!?








 その前に、やらねばならぬことがあるだろう!!








 というわけで、








 2009年私的読書ランキング!!





 ルール説明
 管理人が今年読んだ本を独断と偏見によってランキングにします。
 『今年読んだ本』なので、別に今年発売したほんとは限りません。
 また、作家重複がないように、その作家の一番をあげるようにします。結果的に、今年の作家ランキングっぽくなる。



 しかし、今年は本当にたくさん読んだので、どの本を選ぼうかかなり迷います。
 読書メーターを確かめたところ、登録されているのは88冊。登録していない分が十冊ほどあって、またマンガが数冊入っているので、概算で90冊ほど今年だけで読んでいるのかな。

 まあ、それはいいとして。



 ではでは、続きからどうぞ!






COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 読書日記

プロフィール

西織

Author:西織
大学に入学を果たしたただの読書好き。

拍手がえしに関してはこちらでご覧ください。
http://blogvote.fc2.com/pickup/emptyreader


年齢:19
誕生日:九月九日
血液型:A型
趣味:読書
夢:作家(前途多難)


主に好きな作家
・西尾維新(番外位)

・奈須きのこ
・辻村深月
・佐藤友哉
・竹宮ゆゆこ

上記の作家の全ての作品を愛しています。

主に好きな漫画家
・児玉樹
・荒井チェリー
・椿いづみ
・福本伸行

漫画の神
・手塚治虫


補足
西尾維新の傑作はきみぼくシリーズだと思って日々を生きています。あのよさをわからない人間が多くて残念に思う。(とくに四作目)
そんな僕は生粋の西尾信者なので、いくらでも語れますし、いくらでも語りつくしてやりますよ。


『空っぽの知識』の別館ですが、よろしくお願いします。
http://tukimaturi.blog89.fc2.com/

初めての方は、カテゴリ内の『未分類』を先に読んでください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
読書日記 (3)
漫画日記 (32)
漫画の紹介 (3)
浅田次郎 (1)
綾辻行人 (1)
有川浩 (2)
有沢まみず (1)
五十嵐貴久 (1)
伊坂幸太郎 (3)
井上堅二 (2)
歌野晶午 (1)
浦賀和宏 (1)
乙一 (1)
賀東招二 (1)
鎌池和馬 (6)
貴志佑介 (1)
北村薫 (1)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (1)
佐藤友哉 (1)
沢井鯨 (1)
沢村凛 (1)
白河三兎 (1)
新海誠 (1)
鈴木大輔 (1)
竹宮ゆゆこ (2)
多島斗志之 (1)
辻村深月 (5)
土橋真二郎 (1)
中島らも (1)
成田良悟 (15)
西尾維新 (17)
野村美月 (1)
橋本和也 (2)
姫野カオルコ (1)
本多孝好 (2)
円居挽 (1)
道尾秀介 (1)
湊かなえ (2)
武者小路実篤 (1)
望月守宮 (1)
森絵都 (1)
森見登美彦 (1)
薬丸岳 (2)
柳広司 (1)
米澤穂信 (10)
翻訳小説 (2)
日高由香 (1)
越谷オサム (1)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア

西織の最近読んだ本



Copyright © 空っぽの知識(読書日記) All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。